第二新卒におすすめの転職サイト・エージェントと注意点

第二新卒で転職を考えている人は、人一倍不安を抱えているかもしれません。

  • 「辞めてしまったことを面接でいろいろつっこまれないだろうか」
  • 「そもそも自分の強みってなんだろう」
  • 「次に失敗したらどうしよう…」
  • 「転職サイトってどこを使ったらいいんだろう」

こういった不安は一つずつ、改善していくしかありません。
このページでは初めての転職となる第二新卒の人に向けて、一つずつ転職のプロセスを解説していきます。

第二新卒の転職需要はどういったものなのか

一人前のスキルや経歴がないことに関して不安に感じる第二新卒の人は多いと思います。
しかし、第二新卒の需要は一定数存在し、下の比較表にもあるとおり第二新卒専門の転職サポートも存在します。

エージェント系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野 比較
詳細
面談 面接対策 日程調整 年収交渉
DODA 若手 ベテラン 若手・ハイキャリア スカウトメール
マイナビエージェント 若手
第二新卒ナビ 若手
サイト系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野 比較
詳細
こだわり
条件検索
自己分析
診断ツール
検討
リスト
検索条件
保存
リクナビNEXT 若手 ベテラン 限定求人豊富 スカウトメール

まず、企業側が第二新卒に対してどんな印象を持っているのか知っておくことが大事です。

企業側が第二新卒に期待していること

企業側は第二新卒に以下のことを期待しています。

  • 一通りのビジネスマナー・ビジネススキルを学んでいること
  • 特定の企業文化に染められていないこと、柔軟に新しい文化に馴染めること
  • これからの伸びしろ、ポテンシャル

つまり、これらの期待をより刺激させられれば、より転職活動は成功に近づきます。逆に、面接に来た際に靴が汚れていたり、頑固な一面を見せてしまうと、「あれ、もしかしたら求めてる人と違うかも」「うちの会社に合わないかも」という印象を持たれてしまうことになりかねないのです。

企業側が第二新卒の採用で不安に思っていること

企業側が第二新卒の採用にあたっていちばん不安に思っていることの一つ、それは「うちの会社に長くいてくれるだろうか」ということです。
前職は数年で辞めていることになりますので、「もしかしたらまた…」と不安になってしまうのです。
そのため、面接では「なぜ前の仕事を辞めたのか」「この仕事は続けられそうか」などの質問をされることになります。

転職にあたっては、それらの企業側の不安を払拭できる返答をあらかじめ準備しておくことが非常に重要です。

期待の人物像になるのは表向きだけではまずい。まずは適性・強みを知っておこう

しかし、企業側が期待する人物像を面接で演じても、それが自分の本質と乖離していては、後々自分の首を絞めることになるかもしれません。

そのため、求人案件の応募する前に、今一度自分の強みや適性を知っておくことも大切です。
以下ツールや考え方を紹介します。

自分が周りから予想以上に評価されたものは、適性があるということ

まずは簡単な判断基準から紹介します。
人には何事にも向き不向きがあります。しかし、それは好き嫌いと一致するかというと、必ずしもそうとは限りません。

以下のような経験をしたことはあるでしょうか?

  • あまり気の進まないことであっても、やってみたら意外と周りの反応が良かった
  • 自分の好きなことで、かなり満足のいく成果を出せたと思ったが、周りの反応は思ったよりも芳しくなかった

この二つの場合、前者を仕事するといいと言われています。
【関連ページ】自分に合った仕事・職業・職種が分かる、意外で効果的な方法

転職サイトの自己分析ツールで強みを客観的に理解できる

転職サイトの分析ツールも活用しがいがあります。
たとえば、リクナビNEXTは「グッドポイント診断」という自己分析診断ツールを無料で公開しています。
診断に30分程度かかる本格的なもので、「柔軟性」や「親密性」、「バランス」や「俊敏性」などの18種類の要素から、自分の強みがどこにあるのかを診断することができます。
グッドポイント診断はこちら

また、直接応募の転職サイトで転職する場合についても、求人検索のこだわり条件に「第二新卒歓迎」という項目があり、リクナビNEXTはおすすめです。

第二新卒を得意とする転職エージェントに相談する

第二新卒を受け入れる体制が整えられている転職エージェントに相談することもおすすめです。
エージェントは企業からもどういった人材が欲しいかという要望を聞いているので、応募書類や面接対策についても、どのような点をアピールすべきかということが分かっています。

面談の時間には融通が利き、面接日程調整や退職のアドバイスなどもしてくれるため、働きながら転職活動をする人にも向いています。

DODA

  • 幅広い年齢層の求人が豊富な大手転職エージェント。最近は25歳~35歳の転職に力を入れているが、第二新卒についても多く取り扱っている
  • 転職希望者と一対一でサポートを行なうキャリアアドバイザーの他、採用企業の人事担当と繋がりのある「採用プロジェクト担当」からもアドバイスがもらえる
  • エージェントサービスの他、直接応募やスカウトサービスによる転職も可能
  • 全国都市部に拠点

【公式サイト】DODAはこちら


マイナビエージェント

  • 若手の求人が比較的多い。大手企業求人も豊富
  • 各企業の人事との繋がりの強さが魅力的で、面接での「なぜ辞めたのか」「やりがいのない仕事は続けられるか」などの第二新卒について回る質問にもどういった対策をすればいいかなどを熟知している
  • 主要都市部に拠点

【公式サイト】マイナビエージェントはこちら


第二新卒ナビ

  • 第二新卒に特化した転職エージェント(第二新卒でなくれも20代であればサポート可能)
  • 内定率と定着率の高さを、数字付きでアピールポイントに上げている
  • 過去5000人以上の事例をもとに、1~2時間程度の面接対策を実施している
  • 拠点は東京で主に首都圏の求人を扱っているが、地方でも対応可能

【公式サイト】第二新卒ナビはこちら


以上が、第二新卒向けの転職サイト・エージェントの紹介となります。

LINEで送る
Pocket