「美容師を辞めたい…」次の仕事はどうする?経験者に聞いてみた

美容師の仕事を辞めたいと考えていても、次の仕事をどうすべきか不安を感じている人もいるかと思います。
そこで今回は、同様の経験をした人がどのように転職したのかを聞いてみました。

転職を考えるようになったきっかけは?

まず、美容師をしていて仕事を辞めたいと思うようになった理由を教えてください。
Nさん(31歳・女性・シャンプーやカラーリングなどのアシスタント業務を担当)美容師の仕事自体は大変でしたがやりがいも感じていて好きでした。一番の原因は店長からの嫌がらせです。やはり職場環境が悪いと好きなことでも続ける自信がなくなっていきました。同期の子も気分によって変わる店長の態度に飽き飽きしていました。
Rさん(22歳・男性・アシスタント業務を担当)(京都に住んでいたが)東京でヘアメイクの仕事につきたかったからだです。
Kさん(27歳・男性・アシスタント業務を担当)結婚を機に給料を増やしたかったからです。
Cさん(28歳・男性・スタイリスト)私も結婚を機に、今の職場では時間や給料が不安だったからです。周りも、この職場は給料が少なくチャンスがないと不満を漏らしていました。

美容師で働いている人の不満は、収入の問題、やりたいこととのミスマッチ、人間関係など様々あるようです。


広告


転職への不安は?

転職にあたっては、どんな不安がありましたか?
Nさん美容の経験しかもっていなかったので、畑違いの職場で雇ってくれるのか不安でした。
Rさんやっぱり本当に就職出来るかどうかや働いてうまくやれるのかどうかが気になりました。
Kさん美容師しかやってこなかったので他の仕事を自分ができるかという不安はありました。
Cさん他の仕事をしたことがないので、社会人としてのマナーが圧倒的に欠落していたことです。

やはり大きい不安は異業種への転職の不安のようです。

どんなところに転職したか

その後、実際に転職を成功されることができたとのことですが、どのような仕事に就くことになったのですか?
Nさん歯医者で歯科助手で働き始めました。資格もいらなかったし、給料も前職と比べて良かったからです。
Rさんやはり美容業界で初めからセットをしたかったので、今の仕事内容はお客様に対してヘアアレンジをするものです。
Kさん不動産仲介の営業職に転職しました。求人サイトでたまたま希望の給料条件があり、またそれが接客業だったということもあり、自分でもできるかもしれないと思ったからです。
Cさん営業職です。美容師で培った接客ノウハウを生かせると思いました。

異業種へと転職した人は、接客のスキルを活かせる場への転職がいいのかもしれません。

面接でのアピールポイントや志望動機は?

面接の際に、どのような点をアピールしましたか? また、志望動機はどのように説明しましたか? 印象的だったことも教えてください。
Nさん全く経験のない職場でしたが、アピールできる部分を活かして「自分に合っていて長期的に続けられると思った。新しい職種に挑戦してみたい」というようなことを話しました。職務経歴書にはバイトも含め少しでもメリットになりそうなことは詳しく書いて、「自分はこれだけできます」というのを分かってもらうのが大事なんだそうです。
Rさん本気で業界で上を目指すということを伝えました。
Kさん結婚を機に安定した生活を送るために自分の持ち前のスキルを活かせる仕事をしたいという思いをまとめて志望動機として伝えました。面接対策のセミナーに行ったりして、今までは自分のアピールばかりを考えていましたが、企業の求めることを答えることが大切だということを改めて感じることができました。
Cさん私が伝えたのは待遇の良さと、自分が将来的なりたいビジョンがこの会社なら叶うという点です。面接時に、不動産関係の営業職の面接に受けに行ったところ、コワモテな人が出てきたことは印象的でした。

収入を増やしたいという正直な返答も志望動機として使えるようです。また、今までの接客してきた経験でどのように会社に貢献できるかもうまく自己アピールとして組み立てておくことが大事なようです。


広告


転職をして良かったこと・良くなかったこと

次に、転職をして良かったことやイマイチだった点を教えてください。
Nさん(歯科助手の仕事は)最初は覚えることもたくさんあって大変でしたが、覚えてしまえば流れは同じなのでスムーズに進められるし美容師よりも拘束時間は短いのに給料が上だったことです。医師はプライドが高い人が多いのでご機嫌取りが面倒くさいですね。
Rさん(ヘアアレンジができるようになったので)刺激が貰えることです。イマイチなのは、周囲にやる気がないことです。
Kさん給料面が今ままでの美容業よりもかなり安定したので、生活面が大変よくなりました。あとは営業時間等がかなり長く休みも少ないので、そのあたりが改善されるとよいなと感じます。
Cさんやはり、時間と給料が安定した点です。今の職場で不満な点は今のところ特にないです。

美容師の仕事を辞めたい人へ

最後に、美容師の仕事を辞めたいと思っていたり転職を考えている人に向けて、アドバイスをお願いします。
Nさん私は美容師を嫌がらせが原因で辞めてしまったので、それがトラウマになり美容師をあきらめてしまいました。しかし、人間関係の悩み以外で辞めたいと思っているのであれば、別のお店に行って様子を見てからでも遅くないと思います。自分に合ったお店が見つかる可能性もゼロではないので、勢いで辞めることだけは避けたほうがいいです。
Rさんつらい仕事なら早くやめた方がいいということです。
Kさん美容師は手に職の仕事なので一度マスターしたら別の業界に挑戦して挫折したとしても再度チャレンジができます。なので若いうちはたくさん挑戦すべきです!
Cさん見切りをつけるなら早くつけたほうがいいと思います。

以上が美容師を実際に辞めて転職した人の経験談になります。
アンケート内容を振り返ると、異業種へ転職しているということが印象的です。
特に20代という若さであれば、新たな可能性を探るのもいいかもしれません。一対一で接客してきた対人スキルは、どの環境に身を置くにしても見えない財産になるはずです。

美容師の人が転職するのに向いている転職サイトとは?

美容師の人であれば、以下のサイトがおすすめです。
また、今すぐの転職でなくても、転職サイトに登録して興味のある求人の通知やメールなどを受け取っていくと、「ああ、こんな仕事もいいかも」と常にアンテナを張ることができます。

直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール
はたらいく
(高年収:少ない)
20代~40代
スカウトメール 販売・サービス業豊富 Iターン・Uターン 中小企業が中心

リクナビNEXTのオファーメール機能は自分の市場価値を知るうえでも役立ちます。また、本格的な自己分析ツールの「グッドポイント診断」も自分の強みを知るうえで便利です。

そのほかの転職サイトも比較したい場合はこちらをどうぞ:転職サイトの比較・ランキング

(クラウドソーシングサービスを利用してアンケートしました。ご協力いただいた方、どうもありがとうございました。)


広告