「営業に疲れた…」そんな人が転職する際に気をつけるべきこと

「営業に疲れた…。もうこの仕事嫌だ…」と思い始めた場合、転職を検討することになるかと思います。
そういった場面で、気をつけるべきことをまとめていきます。

まずは営業に疲れた理由を見つめる

多くの人は見つめるまでもなく営業の嫌な理由をいくつも挙げられるかもしれません。

  • きついノルマがある
  • 周りと比べられ、営業成績が悪いと陰口を叩かれたり、面と向かって罵声を浴びせられる
  • 車の運転時間が長く、疲労が溜まる
  • ひたすら自分のやり方や書類に駄目出しをされ、もう自信がない

たとえばこういったものです。
今挙げた内容は、おおよそ二つの特徴に集約できます。

それは、

  • 「人間関係(特に上からの圧力)がつらい」
  • 「能力的に適職でない」

のどちらか、あるいは両方です。

ここではケース別に気をつけることをまとめていきます。


広告


周りと比べて自分が特別劣っているわけではないが、営業に疲れたと感じている場合

業務的には営業の仕事をそつなくこなせるが、上司とのやりとりや顧客との調整作業にウンザリしているという場合、「人間関係がつらい」から「営業に疲れた」と思うことがよくあります。

おそらく本人にとって上司や顧客に怒られることはとても苦痛ですし、彼らの期待に100%応えなければならないと思い、自分を縛り付けているかと思います。

業務的には今のままでもほぼ問題ないが、自分自身の精神的にきついということになります。

「嫌われる勇気」を持つことで自分の精神的なつらさが改善することがあります。
他人の期待に応えるために自分自身を縛り付ける窮屈なライフスタイルを少しずつ切替えていくことで、

もし、他の人と比べて成績が上がらないと悩んでいる場合

営業にもいろいろあります。

新規顧客を開拓する営業と、お世話になっている会社を定期的に巡回して、新しい仕事を取り付ける営業では、まったく向き不向きが変わります。
また、B to CなのかB to Bなのかでも、得意・不得意が出てくるかもしれません。

営業のノウハウを活かしつつも、より自分に向いている営業職へと転職することも、選択肢の一つです。

適職を探す効果的な方法」ページでは誰でも簡単にできる適職の見つけ方を紹介していますが、これは「適した営業職」を見つけるのにも応用できるかもしれませんので、試してみてください。

また、転職エージェントに相談すれば、どのような営業職が向いているか、どういった会社ならより自分を必要としてくれるかなど、営業職に詳しいキャリアコンサルタントが第三者視点でアドバイスをくれます。
利用にもお金はかかりませんので、転職に関して本気で考えるようになったら活用してみるのもいいかもしれません。

転職エージェントについては、「おすすめ転職エージェントの比較・評判」ページにて比較してまとめてあります。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

104,300
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/2)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人8,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/2)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link