「銀行員を辞めたい…」銀行の次の転職先は?経験者に聞いてみた

「銀行員の仕事を辞めたい…
そう考えたとき、まず真っ先に気になることは「次の転職先はどうするべき?」ということです。
転職先には何の仕事がいいのか、その転職先で今抱えている不満は解決できるのか、いろいろと不安も頭によぎります。

ここでは、そういった人に向けて、実際に銀行に勤めていたが転職をした人に話を伺いました。
ぜひ転職活動をするうえでお役立てください。

転職のきっかけは?

まず、銀行での業務内容と、銀行員を辞めたいと考えるようになったきっかけを教えてください。
Aさん(女性20代後半・営業)営業をしていました。担当エリアのお客様のもとへ足を運び、ローンの相談を受けたり、キャンペーンなどのチラシを配布したり、ローン相談会を開催したりといったことをしていました。部署間の人間関係は周囲も不満をもらしていましたが、私自身、電話応対や人前で話すことが苦手なため、その機会が増えていくことに不安を強く感じ始めたため、4年ほど働いた末、転職を決めました。
Bさん(男性・30代前半・営業)法人や個人に対して融資や投資信託等の営業を行なっていました。8年ほど働きました。労働に対しての対価の低さと、毎月のノルマに対する精神的ストレスによって、転職することにしました。
Cさん(女性・20代後半・窓口業務など)窓口業務と融資業務を担当していました。3年程度働きましたが、人間関係で悩んでいたのと、稼げる仕事ではないと思ったのが転職の理由です。
Dさん(女性・20代後半・窓口業務など)新規の通帳作成や入出金などの事務作業や窓口業務、電話応対をしていました。女の先輩社員に厳しくされ耐えようとしましたが、吐き気がしたり涙が毎日出たりして心身にも不調を感じるようになったから転職を決意しました。働いていたのは1年間です。
Eさん(女性・30代前半・窓口業務など)信用金庫の窓口スタッフとして、窓口に来たお客様への入出金や振り込み、定期預金などの対応を5年ほどしていました。田舎の支店だったので、仕事も来るお客様もいつも同じでマンネリ化していたこと、そして金銭を扱うので間違いが許されないプレッシャー、また、上司から執拗に外食に誘われたりしたことが鬱陶しかったも転職のきっかけです。

転職への不安は?

転職を決意したわけですが、どのような不安がありましたか?
Aさんやりたいことがわからないが、今の職からは離れたいという気持ちだけで転職を考えました。そのため、そのような感じで次の職が見つかるのだろうかという不安がありました。
Bさん新しい職場での人間関係がうまく築けるか不安でした。
Cさん特に不安はありませんでした。
Dさん職があるかということと、もし新しい職に就いても同じようなことがあったり自分に合わなかったりしたらどうしようかという不安がありました。
Eさん全く別の業種に馴染めるか、人間関係が上手くいくかが不安でした。

転職先は何の仕事か

そして、どのような仕事に転職したんでしょうか? その職場を選んだ理由についてもお聞かせください。
Aさん金融関係の事務職に就きました。金融機関での経験は活かしたいと思ったためです。ただ営業はやりたくなかったので、デスクワークが中心となる仕事を選択しました。
Bさん経理の仕事です。前職の営業ではノルマの厳しさがあったため営業は避けました。またこれまでの経験を活かせるものと考えたときに、経理事務が良いのではと思ったからです。
Cさん中小企業の事務職に転職しました。特に就きたかった仕事ではありませんでしたが、社長と直接お話して一緒に仕事してみたいと思ったからです。
Dさん教育関係の仕事に就きました。学校教師の仕事の補助をするという仕事です。子どもと関わる仕事に興味があったのと、教育免許を持っていたので資格や学んだことを活かせる仕事に転職しようと思ったからです。
Eさんホテルスタッフです。給与が上がりますし、ホテルの仕事に興味があったからです。私の周りは他の銀行に転職した人もいました。

面接での自己アピール・志望動機は?

企業面接での自己アピールや志望動機はどのようなことを話しましたか?
Aさんデスクワークにつきたいが、パソコンスキルがないので、パソコン教室に通い資格を取得したことをアピールしました。また、営業のように自分が前にたって仕事をするよりもサポート役にまわりたいということを志望動機として話しました。
Bさんこれまでの経験や資格が会社に貢献できる点をお伝えしました。また、前職での経験から財務面の重要さを学び、自分自身もそこに携わりたいというようなことを話しました。
Cさん金融機関で働いていることをアピールしました。特に志望動機は話していないですが、社長と仕事がしたいと話しました。
Dさん大学時代に塾のバイトをしていたことや小学校でボランティアをしていたことがあったので、自分の経験から学んだこととこの仕事でこんなふうに活かしていきたいという想いを伝えました。子どもの教育に携わる仕事に興味があり、大学で学んだことや培ってきたものをこの仕事で活かしていきたいと思い志望したことを話しました。
Eさん接客業の経験があることと、金融機関勤めだと真面目な印象があるのでそこをアピールしました。志望動機としては、色々なお客様に触れ合いたいこと、給与が前職より良いと言うことを話しました。

転職活動をしていて印象的だったことは?

転職活動中で特に印象に残ったことや気づいたことがあれば教えてください。
Aさん転職活動でも筆記試験があることに驚きました。転職理由を掘り下げて聞かれたが、話すことが苦手なため伝えることが難しく、自己分析不足も感じました。
Bさん面接では成功体験や失敗談などをより具体的に話せるようにするべきだということに気づきました。
Cさん特にありません。
Dさん面接は今まで一人で面接を受けた経験しかありませんでしたが、3人並んで受けたので緊張しました。思いついた人から挙手するというものだったので焦りましたが、私は私だと思い伝えたいことを落ち着いて話しました。
Eさん金融機関経験ありなら大丈夫だね、と一発目の面接で受かったので拍子抜けしてしまいました。

転職をして良かったこと・惜しかったことは?

Aさん(営業から金融機関の事務員に転職したので)人前で話す必要がなくなったこと、そしてやりたかったデスクワークでパソコンスキルを磨くことができるようになったことが良かったです。惜しい点は、デスクワーク中心で周りの人との関わり方が少ないことです。全体的にコミュニケーション不足を感じています。
Bさん良かったことは、営業ノルマから解放されて精神的なストレスが減った点です。残念な点は、(経理の仕事は)自分の裁量で物事を決められないことです。
Cさん前の職場より、人間関係で悩むことがなくなりました。ストレスフリーなところです。不満点は特にありません。
Dさん(教育関係の仕事は)たくさんの子どもと関わることは自分が忘れていた大切なことを思い出させてくれたり力をもらえたりしました。大変でしたが楽しさややりがいも感じられて、毎日泣きながら職場に向かうことがなくなりました。残念な点は、教員として子どもたちにいじめについて指導しなければいけない立場でもある大人が、同僚の陰口を言ったり派閥があったりしていたことです。
Eさん職場の人たちがとても親切ですし、仕事も自分の能力に合わせて色々任せてくれるのでとてもやりがいがあります。惜しい点を挙げるとすると、社長がワンマンな感じの方なので、上司もあまり意見などを言うことができない雰囲気なところです。

銀行員で転職を考えている人に向けて

現在銀行で働いていて同じように転職を考えている人へ向けて、何かアドバイスをお願いします。
Aさん私は仕事を辞めてから転職活動をしましたが、面接ではなぜ先に辞めたのかをよく聞かれました。当たり前かもしれませんが、現職と並行して転職活動をする方がいいと思います。
Bさんまずは転職サイトなどに登録して、キャリアアドバイザーとの話をしてみるのも良いかもしれません
Cさん辞めようと思っているならすぐに行動したほうが良いと思います。なにかしら、良いことがあると思うからです。
Dさん辞めずに我慢して続けることが大事だと言う人もいますが、心身を病んだり体調を崩してまで続けるのは違うと思います。自分を大切にしてください。続けることで学べることもありますが、辞めたことで学べることもたくさんあります。
Eさん総合職ではないなどの理由で金融機関では昇進できる見込みがないのならば、数年経験した後に辞めてもいいと思います。他の企業へ転職する際、金融機関出身だと信用して雇ってもらえる傾向にあると思います。残業もほぼないならば、働いているうちから興味のある資格などをとったりしてどんどんスキルアップしていくと良いですね。

転職サイトはどこを利用すべき?

では、銀行員が転職をする場合、どの転職サイトを利用するのがいいでしょうか。

もし今すぐではなくタイミングを見計らって転職したいと考えているのであれば、まずは求人が豊富なリクナビNEXTに登録しておくことがおすすめです。
そして、以下のような使い方をします。

  • 自己分析ツールである「グッドポイント診断」を活用することで、自分のアピールポイントを発見する・再認識する
  • 「オファーメール機能」を利用することで、どのような企業が自分に興味を持っているのか、自分の市場価値はどの程度かを肌で感じる
  • 求人検索で検索条件を保存する機能があるので、自分の働きたい会社の条件をあらかじめ決めておき、その条件に合った新着求人を通知で受け取れるようにしておく

以上のことをしておけば、条件とタイミングが合ったときにすぐに転職活動を始められ、比較的スムーズに転職することが可能になります。

サイトはこちら:リクナビNEXT

また、特に総合職の人は転職エージェントも有効に活用できます。
本格的に転職活動を進めたいと考えていて、より自分にとって働きやすい環境、評価される環境を探すのであれば、以下の大手転職エージェントがおすすめです。

総合ジャンルの転職エージェント比較一覧

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
doda 転職者全般

70,600
+非公開求人3.2万件

20代前半 20代後半~40代 ハイキャリア20代~40代
スカウトメール 直接応募も 企画・管理職も豊富 中心となる採用エリア:関東、関西、東海 拠点:東京、札幌、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡(2020/12)
マイナビエージェント やや若手向け

21,400
+非公開求人1.4万件

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、横浜、京都、神戸、福岡(2020/12)
リクルートエージェント 転職者全般

99,800
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2020/12)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人8,600
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2020/12)

その他のおすすめの転職サイトについては以下のページを参考にしてください。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

関連ページ:【会社・仕事を辞めたい】人生を左右する退職判断基準と転職のコツ