「保険の営業を辞めたい」転職先はどうする?経験者に聞いてみた

「保険会社で営業として働いているけれど、今の会社を辞めたい

そう考え始めたとき、まず不安に感じるのは「次の仕事はどうするのか」ということ、そして「転職先では悩みが解決されるか」ということです。

今回はそういった人に向けて、実際に保険の営業をしていた人の転職経験談を聞きました。
ぜひ転職活動をするうえでの参考にしてもらえればと思います。

転職のきっかけは?

まず、転職を決意するに至った経緯と、それまでの仕事内容について教えてください。
Yさん(女性・40歳)法人勤務の個人の方に対する生命保険の営業をしていました。営業成績が思うように出ず、自分には向いていないのではないかと思い、働いて2年ほどで転職を決意しました。
Sさん(女性・23歳)保険ショップに来店されたお客様を対象に、保険プランの提案を行なう仕事でした。
転職を考えるようになったきっかけは、基本的にお客様都合に合わせるため休みがどんどん潰れていったからです。また、業務量と会社の人材が釣り合っておらず、残業がどんどん増えていったことも挙げられます。あとは、保険の必要性をあまり感じられない若い自分が保険の営業をすることに罪悪感を感じるようになったからです。それで1年ほど働いた頃に転職を決意しました。
周囲はその職場にどのような不満を抱いていたかについても教えてください。
Yさん営業目標という名のノルマがあり、それを達成するための上司からのプレッシャーがきついと言っていました。
Sさん店舗によって業務量や仕事の楽しさ、新人の育成状態が全く異なることに不満があるようでした。

転職への不安は?

転職活動を始めるにあたり、どのような不安がありましたか?
Yさん一人暮らしをしていたので、すぐに仕事が見つかって生活していけるかどうか不安でした。
Sさん1年しか働いていないのに転職できるのだろうか?という不安がありました。

転職先は?

実際に、どのような仕事に転職したんでしょうか? その職場を選んだ決め手についても教えてください。
Yさん内勤で、営業職の方をサポートする営業事務の職に就きました。自分で営業をするよりも、サポートする業務の方が向いていると思ったからです。
Sさんまったく別の仕事で、ヨガスタジオの受付・広報の仕事に転職しました。人と接する仕事は好きだったので、営業をする必要がない受付は自分に合っているのではないかと感じ、この職種にしました。あとは、ヨガを通して人の心の健康に役立ちたいと思ったからです。

面接での自己アピール・志望動機

面接ではどのようなことを自己アピールしましたか? また、どんなことを志望動機として伝えたんでしょうか。
Yさんパソコンが使えることと、協調性があり、責任感が強いことを自己アピールしました。志望動機は、「営業事務という職種を選択したのには、人のサポートを行ない、役に立つことがやりがいにつながると思った」と言いました。
Sさん学生時代を加えると4年間接客系の仕事をしてきたので、人当たりが良く丁寧な対応が得意な点をアピールしました。また、ヨガも経験があったのでそこもアピールしました。
志望動機としては「接客の仕事をずっと続けていきたいと考えているが、数字がシビアについて回る営業という仕事ではなく、いらっしゃったお客様をおもてなしすることに集中できる受け付け業務で自分の力を発揮したい」ということを話しました。

転職活動で印象的だったこととは

転職活動を進めていくなかで、特に印象的だったことは何でしょうか。
Yさん派遣会社の方が、面接対応のアドバイスやPCスキルのセミナー等、熱心にサポートしてくれたことが印象的でした。
Sさん面談はとても和やかに進みました。あとは、今の仕事への思い(保険の営業はお客さんに嘘をついているようでつらい)は伝えようか迷ったのですが、志望動機と一緒に伝えたことで、自分の正直な気持ちを分かっていただけたので、伝えて良かったです。

転職して良かったこと・良くなかったこととは

転職して良かったこと・残念だったことをそれぞれ教えてください。
Yさん良かったことは、派遣社員として入職したが、社員の方と同じように対応していただき、業務内容も自分に合っていてやりがいを感じたことです。残念だったことといえば、慣れていくうちに契約以外の仕事が増えてきてしまったことです。
Sさん以前よりも労働時間に融通が効くようになったので、プライベートの時間もしっかり確保できるようになったことが良かったです。また、自分のノルマにとらわれずにやりたかった接客ができているのも良いです。ただ、お給料は正社員時代と比べてやはり下がったので、そこは副業をするなどしてカバーする必要があると感じています。

転職を考えている人に向けて

最後に、保険の営業で転職を考えている人へ、アドバイスをお願いします。
Yさん営業という職業は、結果的に向いていないと思ってやめてしまいましたが、経験としてやって良かったと思っています。どの職業にも言えることですが、必ず向き不向きはあるので、それを自分なりに考えたり、周りからのアドバイスをたくさんもらって、次へのステップにしていければいいと思います。
Sさん今している仕事に違和感を感じている方、その違和感は自分からの大切なサインかもしれません。日々の忙しさのなかでは、ついやるべきことのほうを優先させてしまい、自分の気持ちを大事にすることは後回しになってしまいがちです。しかし、人生は本当に一度きりです。私は仕事を辞めたいという自分の気持ちに素直になって転職して本当に良かったと感じています。ゆっくりでもいいから、「自分がどうしたら幸せに生きていけるか?」を考え抜いてほしいです。その結果に従うのだったら、今の仕事を続けても転職しても後悔はないと思います! 是非、後悔のない選択をしてほしいです。

転職サイトはどこを使うべき?

では、保険の営業の仕事をしていた人はどの転職サイトを使うのがよいでしょうか。

もし今すぐではなくタイミングを見計らって転職したいと考えているのであれば、まずは求人が豊富なリクナビNEXTに登録しておくことがおすすめです。
そして、以下のような使い方をします。

  • 自己分析ツールである「グッドポイント診断」を活用することで、自分のアピールポイントを発見する・再認識する
  • 「オファーメール機能」を利用することで、どのような企業が自分に興味を持っているのか、自分の市場価値はどの程度かを肌で感じる
  • 求人検索で検索条件を保存する機能があるので、自分の働きたい会社の条件をあらかじめ決めておき、その条件に合った新着求人を通知で受け取れるようにしておく

以上のことをしておけば、条件とタイミングが合ったときにすぐに転職活動を始められ、比較的スムーズに転職することが可能になります。

サイトはこちら:リクナビNEXT

また、今すぐに転職したいという人にもリクナビNEXTはおすすめです。以上のような使い方をしつつ、興味のある企業にエントリーを進めていくことが重要です。

また、派遣で仕事を探している人は、「派遣向け転職サイト紹介」記事も参考にしてください。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

129,000
+非公開求人19万件
(一部募集終了含む)

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/9)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人7,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/9)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link