「飲食店の仕事を辞めたい…」転職先はどうする?経験者に聞いた

「飲食業で働いているけれどもう辞めたて転職したい」
「飲食店の仕事を離れたいけれど、次の仕事がうまくいくか不安」

退職を考えたとき、まず直面するのが転職先をどうするかということです。
また、次の仕事でも同じ悩みを抱えてしまっては意味がありません。

そこでここでは、過去に飲食業界で働いていて転職を遂げた人の経験談を紹介していきます。

飲食店を辞めようと思ったきっかけ

まず、働いていた飲食業での仕事内容と、辞めようと思った理由を教えてください。
Tさん(女性・23歳)私はレストランのホールスタッフをしていました。イタリアン料理とカフェの両方を提供するお店で、私は主にウェイトレスのような役割でした。転職を考えるようになった理由ですが、レストランでの拘束時間が長い割にお給料が低かったのと、どんなに頑張っても上司に認められず、もっといい環境で上を目指して頑張りたいと思ったことの二つです。働いていたのは1年ほどです。
Yさん(男性・30代後半)コーヒー専門店の店長として、調理・接客・店舗運営業務を担当していました。8年間働いていましたが、労働条件への不満がおもな転職の理由です。
Rさん(女性・30代前半)料理を作ってお客様のところへ運ぶ仕事でした。しかし、激しいいじめを受けてしまい、精神を疲弊し、続けることが不可能だと判断しました。

広告


転職への不安は?

実際に転職するにあたって、不安なことはありましたか?
Tさん次働くところがはたして私には合うのだろうか、という不安がありました。一方で、合わなくても全力でやるしかないという気持ちもありました。
Yさん(30代後半という)年齢的な問題が不安でした。
Rさんまた新しい職場でも平気でいじめをする人がいるのではないかというのがいちばん不安でした。

転職先とその職場を選んだ決定要因は?

どのような仕事に転職したんでしょうか? その仕事や職場に決めた理由とともに教えてください。
Tさんホテル業です。おもにフロントと売店を担当してます。選んだ理由ですが、もともとホテル業界には興味があり、サービス業界でホスピタリティを一から学べるのはホテルではないかと思いました。
Yさん同じ飲食業への転職をしました。理由は、今までの知識やスキルを活かせると思ったためです。
Rさん製造業に就きました。人とあまり関わる仕事をしたくなかったからです。製造業なら、黙々と自分の仕事だけをやればいいと思い転職しました。

同じ飲食の仕事に就く人もいれば、別の業界や職種に転職した人もいるようです。
異業種への転職は若ければ若いほどしやすいと言われています。

面接でアピールしたこと、志望動機とは?

面接ではどのようなことをアピールしたんでしょうか。また、志望動機としてどのようなことを伝えましたか?
Tさん一からホテルのことを学びながら、自分にできることを一所懸命に頑張りたいという点と、(ホテル業界への転職だったので)英語が得意な点をアピールしました。志望動機としては、もともと接客が好きなので、自分のホスピタリティをもっと接客に活かしたいということ、そして英語が得意なので、それを活かしたいと話しました。
Yさん(同じ飲食業のため)これまで培ったスキルと成果をアピールしました。自分と企業がWin-Winの関係にならるようなより良い環境を求め、転職活動を行なっているということを伝えました。
Rさん真面目にやりますとアピールしました。志望動機について聞かれたときは、細かい作業が好きだからと言いました。

広告


転職活動をしていて印象的だったこととは?

転職活動のなかで、特に印象に残ったことはありますか? あったらどんなことでしょうか。
Tさん私は知り合いの紹介でしたが、その方に言われたのは、なんでもいいので、自分の強みを知りそれをしっかり言葉にするようにと言われたことです。
Yさん年齢面でハンデがあると思い込んでいたが、(同業種ということもあり)気負う必要はなかったということです。
Rさん「カレーライスを出された場合、それが白くて綺麗なお皿に盛り付けられているのと、そこらへんにある丼に入れて出されるのとでは、出されたお客さんが感じる印象はまるで違う」これは職安のスタッフに教えられた言葉です。つまり、履歴書を丁寧に書くことがとても大事ということ。せっかく良い人間も、汚い字で適当に履歴書を書いてしまったら、良さが伝わらないから気をつけて書くことが大事ということです。今でも、良いことを教えて頂いたと思っています。

転職をして良かったこと・イマイチだったこととは?

実際に転職をして良かったと思うこと、ここはイマイチだなと思うことを教えてください。
Tさん(ホテル業界での仕事は)レストランとは違った緊張感やプレッシャーがありますが、レストランほど気を張らず、丁寧に接客ができるところが本当に良かったです。イマイチな点としては、働く時間の問題もありますが、何もせず待たなければならない時間があり、そこはどうにかならないものかと思っています。
Yさん労働環境が以前よりかなり緩和され、心身ともに余裕ができたことが良かったです。ただ、店舗の営業レベルが以前より低く、仕事内容は現時点では物足りなく感じることもあります。
Rさん転職先ではいじめる人はいませんでした。良くなかったことはありません。

転職者へのアドバイス

最後に、飲食店から転職を考えている人に対して、何かアドバイスをお願いします。
Tさん今あなたがやっている仕事が合わない、または違うと感じるのであれば、あなたが合うと思う会社を探すべきです。いい環境で働くことはとても良いことですよ。
Yさんタイミングさえうまく合えば、働く場所はまだまだいくらでもあります。自分の中の妥協点をうまく見つけていけばよいと思います。
Rさん私の主観ですが、いじめをする職場でターゲットになった場合、限界だと思ったら無理して続けることはないと思います。その職場や仕事が好きと言うなら別ですが、そうでないなら、新しい職場を探すのもいいと私は思います。

転職サイトはどこを使うのがよい?

では、飲食で働いていた人はどのような転職サイトを利用するのがいいでしょうか。

もし今すぐではなくタイミングを見計らって転職したいと考えているのであれば、まずはリクナビNEXTに登録しておくことがおすすめです。
そして、以下のような使い方をします。

  • 自己分析ツールである「グッドポイント診断」を活用することで、自分のアピールポイントを発見する・再認識する
  • 「オファーメール機能」を利用することで、どのような企業が自分に興味を持っているのか、自分の市場価値はどの程度かを肌で感じる
  • 求人検索で検索条件を保存する機能があるので、自分の働きたい会社の条件をあらかじめ決めておき、その条件に合った新着求人を通知で受け取れるようにしておく

以上のことをしておけば、条件とタイミングが合ったときにすぐに転職活動を始められ、比較的スムーズに転職することが可能になります。

サイトはこちら:リクナビNEXT

また、今すぐに転職したいという人にもリクナビNEXTはおすすめです。以上のような使い方をしつつ、興味のある企業にエントリーを進めていくことが重要です。

もし地方に住んでいるなどで十分な求人がなかったら地方求人・中小企業求人が豊富な「はたらいく」を使ってみてもいいかもしれません。

なお、そのほかの転職サイトについても知りたいという人は、「転職サイトの比較・ランキング」ページを参考にしてください。

以上が飲食店で働いている人の転職事情となります。
最後に、アンケートに協力してくださった方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

広告