「一般事務の仕事を辞めたい…」転職先は?経験者に聞いてみた

「一般事務の仕事を辞めたいけれど次の転職先はどうしよう…」

今の職場に不満があって転職をする場合、もっとも気になることは次の職場で同じ不満が生まれてしまわないかということです。
できれば、より働きやすい職場で毎日嫌な気分にならずに生き生きと暮らしたいものです。

そこで今回は、実際に一般事務から転職をした経験者から話を伺いました。
実際の転職活動の参考にしてもらえればと思います。

一般事務の仕事をなぜ辞めようと思ったか

まず初めに、具体的な仕事内容とその職場を辞めようと思った理由について教えてください。
Kさん(女性・29歳)仕事内容は、補助金の申請書類作成、伝票起票、予算作成、電話応対、窓口応対、シフト作成、シフト管理などです。転職理由は残業が多かったことや、やりがいを感じることができなくなったためです。また、業務量に偏りも目立っていました。それで5年ほどで転職を決意しました。
Mさん(女性・29歳)事務処理作業、電話取り、お茶出し、コピーなどの仕事を1年ほどしていました。鼻笑いをされたり、ミスをしたときに大声で叫ばれたりしたのが転職のきっかけです。また、体調を崩して一日休んだら次の日に無視をされるようになったことも理由の一つです。周囲もバカとかクズといった言葉は平気で言われ、よく泣きながら帰宅していると聞きました。
Rさん(女性・27歳)書類作成、請求書や領収書の作成、電話対応を1年間していました。自分は子どものときからトロくさく、事務処理能力が高くなく、努力しても仕事のスピードが上がっていかなかったから。職種を変えようと思いました。
Bさん(女性)印刷会社で事務作業を担当していました。おもな仕事内容は電話対応や入力作業などです。給料があまり上がらないことへの不安と不満が転職理由です。年齢が上の層も残業してようやく生活できる給与が得られている状況でした。また、事務職を続けるよりも、何か別のスキルを身につけたいと思ったのもあります。(周囲はどのようなことに職場への不満を持っていたかという質問に)。給与が少ない、休みが少ない、人材不足だけれど会社が人を入れない、残業が多いなどです。働いていた期間は4年ほどです。

広告


転職にあたっての不安は?

転職をするにあたり、どのようなことが不安でしたか?
Kさん私の経験で受け入れてくれる職場があるのかどうか不安でした。
Mさん転職先でも同じような目に遭うのではないかという不安がありました。
Rさん再就職できるかどうか、次の業種に向いているかどうかに不安がありました。
BさんSEをやりたかったのだが、未経験から入れてくれるところがあるか不安でした。仕事をしながら就職活動ができるかも不安でしたが、仕事を辞めて収入がなくなるのも不安だったので就業しながら転借活動をしました。

どのような仕事に転職した?

そして、どのような仕事に転職しましたか? その職場を選んだ決め手についても教えてください。
Kさん人材派遣業界で、仕事を紹介する仕事です。私と同じように転職したいと考えている人の手助けがしたいと思ったからです。
Mさん接客仕事です。いちばん需要が多かったからです。国語や作文が人一倍得意だったから、文章力を活かせる仕事に就こうと思ったためです。
Rさんライター業に転職しました。
Bさんシステムエンジニアです。「手に職を」という思いが強かったです。そのため、今度転職するにしても確かなスキルを身につけておきたかったからです。(どのような転職サイトを利用したかという質問に)リクナビNEXTを利用しました。条件を入力すれば会社がいくつか網羅されるし、サイトを通してのやり取り、一度入力すれば使いまわせるWEB履歴書があり楽でした。

広告


面接での自己アピール・志望動機は?

面接では、どのような点をアピールし、どんな志望動機を話しましたか? 人と関わることが好きなので、人と話す機会の多いこの仕事を志望しましたと話しました。
Kさん前職では様々な内容の業務を行ってきたため、臨機応変に業務にあたることができる点をアピールしました。
Mさん仕事をしているときに努力した点や資格取得などの勉強による向上心をアピールしました。志望動機は、これまでの経験が活かせると思ったということや、その職場の商品が好きで仕事として携わりたいと感じた、といったことを話しました。
Rさん(ライターの仕事だったので)作成物を持っていって、ライティング力をアピールしました。また、熱意があることを伝えました。志望動機については、文章が好きであることと、その会社のコンセプトに共感して、ぜひその会社で働きたいということを話しました。
Bさんやりたいことに向けて資格を取得するなど、自分で勉強を続けていることをアピールしました。手に職をつけたいため、資格取得のために勉強する過程でインフラエンジニアという仕事に興味が出てきたため志望したと伝えました。

転職活動をして印象的だったこととは

転職活動を進めていくうちに気付いたことや、印象に残ったことを教えてください。
Kさん転職は簡単ではないですが、あきらめずに自分の熱意を伝えれば相手に届くと思いました。
Mさんなぜその職種を選んだのかを突っ込まれやすいと感じました。
Rさん面接で過去の失敗を話しても、正直な人だというように見られて、好印象を与えていたようでした。話したときはやってしまったと思ったので、意外でした。
Bさん学生時の就活と比べて、自分の仕事やスキルなど具体的なことを話すので、経験のない学生の頃と比べると幾分か面接時に話すことを組み立てやすいと感じました。

転職をして良かったこと・惜しかったこと

転職をして、新しい職場に対して「良いな」と思った点と、「ここは惜しいな」と思った点について教えてください。
Kさん良かったところは、職場の雰囲気がよく、チームで働いているという一体感を感じられるところです。残念な点は、上司が若いため、少し経験が浅いと感じたり頼りないことがあります。
Mさん良かった点は、(接客の仕事は)一つの所に留まらないで動くことが多いので、多少マイペースになれるときがあるという点です。しかし空調の寒いところがイマイチだと思いました。周囲も風邪をひくことが多い環境で健康状態に響くので大変だと感じました。
Rさん忙しい職場だったのでトレーニング期間がなく、いきなり実務に携わりながらスキルを磨くことができました。臨場感や緊張感をもって最初から取り組めたのでやりがいがありました。ただ、やはりトレーニング期間がもう少し欲しかったことと、残業が多かったことです。社長と社員の信頼が裏で分裂していたことにもヒヤヒヤしていました。
Bさん前職は職場内にいるのは年配の人ばかりだったが、転職先では年齢の近い人が多く、分からないことを質問しやすいのが良かったです。残念だ点は、残業の多さは前職とそれほど変わらないところです。

一般事務から転職を考えている人に向けて

最後に、一般事務の仕事をしていて転職を考えている人に向けて、何かアドバイスをお願いします。
Kさんまずは新しい仕事を決めてから転職することをお勧めします。
Mさん自分が死にそうになるくらい追いつめられて苦しいのなら、別の仕事に目を向けてみることもありだと思います。自分に合う仕事先もきっとあります。
Rさん事務員が向いてなくても、ほかにも業種はたくさんあります。そのなかに、自分に向いている職業や会社もあると思うので、思い切って転職されてみてはいかがでしょうか。自己分析と将来計画が大切です。
Bさん転職のタイミングは有給やボーナス支給後など、できるだけ自分が楽に、お得に転職活動に臨めるタイミングを選ぶと良いと思います。

一般事務からの転職に向いている転職サイトとは

それでは、一般事務から転職するのに便利な転職サイトはどこになるでしょうか。

もし今すぐではなくタイミングを見計らって転職したいと考えているのであれば、まずはリクナビNEXTに登録しておくことがおすすめです。
そして、以下のような使い方をします。

  • 自己分析ツールである「グッドポイント診断」を活用することで、自分のアピールポイントを発見する・再認識する
  • 「オファーメール機能」を利用することで、どのような企業が自分に興味を持っているのか、自分の市場価値はどの程度かを肌で感じる
  • 求人検索で検索条件を保存する機能があるので、自分の働きたい会社の条件をあらかじめ決めておき、その条件に合った新着求人を通知で受け取れるようにしておく

以上のことをしておけば、条件とタイミングが合ったときにすぐに転職活動を始められ、比較的スムーズに転職することが可能になります。

サイトはこちら:リクナビNEXT

また、今すぐに転職したいという人にもリクナビNEXTはおすすめです。以上のような使い方をしつつ、興味のある企業にエントリーを進めていくことが重要です。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

関連ページ:【会社・仕事を辞めたい】人生を左右する退職判断基準と転職のコツ


広告