会社で疎外感を感じたとき、どうすればいいか

会社の雰囲気は悪くない。しかし自分自身が溶け込めていない気がする……。
そう悩む人は多いと聞きます。

「周りは休憩時間に和気あいあいと楽しんでいるのに、自分はその輪に入ることができない……」
「いっそ関わり合いのない冷めた会社のが働きやすいのに……」

こういった感じに周りと自分とを比べて、自分がはぶかれているんじゃないかと不安な気持ちになってしまっているかもしれません。
こんなとき自分自身はどうすべきなのか説明していきます。

まず自分と他人を上下で考える癖をやめる

会社や特定のグループで、ふと自分がここにいてもいいのかと不安になる人は、しばしば他人と自分とを縦の関係で考えてしまいがちです。
自分自身は周りと比べてどこか劣っている気がする。ここは自分がいるべき場所ではないかもしれない。だとすると、少し距離を置くべきなのだろう。そう考えて疎外感を覚えるようになってしまいます。

ここでポイントになるのは、他人と自分との関係性の考え方の転換です。
他人は自分とは立場は違えど、平面上の関係だと考えるようにします。そうすれば、自分は自分で頑張っていることがあり、それは他人とは別次元のことだと考えられるようになるのです。

「いやいや、そんなことを言われても、現実問題どうしても上下で考えてしまう……」

そう思うかもしれません。
では人間関係を縦ではなく平面で考えるためには、どうすべきでしょうか。


広告


人を信じる癖(=最初から人を疑わない癖)を付ける

それは何よりも「人を信じる癖」を付けるということです。

「他人に陰で悪口を言われているんじゃないか」
「周りからきっと馬鹿にされてるに違いない」

そんな強迫観念があります。

しかし、周りは良くも悪くも、あなたが思っているほどあなたに関心がない、ということに気づくべきです。

「付き合い悪そうだけど仕事はしっかりしてるんだろうな」
「まぁ、おとなしめの人だよね」
「どちらかといえばマジメな人だよ。少し話しかけづらいけど」

その程度にしか思っていないかもしれません。

特にあなたが周囲に悪意をふるまいていないのであれば、そうそうひどい嫌われ方はしませんし、たとえ嫌われたとしてもそれほどひどいことには遭いません。
しかし誰にでも嫌なことをする人間は一定数います。そこはもうどうしようもないので、無理に関係を改善させようと努力して神経をすり減らすのではなく、諦めてなるべく関係を持たないようにするしかありません。

あなたを嫌う人は一定数いるかもしれない。
どんなに立派な人でも、誰からも嫌われないことが無理であるように、あなたを嫌う人は当然いる。
だから「嫌われる勇気」を持つことが重要です。

嫌われる覚悟を持った上で、自分自身はまず人を信じる癖(=疑わない癖)を持ち、強迫観念から解放される。そうすることで、疎外感は軽減し、最終的になくすことができます。

他人からの評価は最終的に自分ではどうにもできないということに気づく。そしてただ精一杯、周りに貢献することだけを考えれば結果は付いてくると考える

さきほども少し触れましたが、最終的に自分のことを相手が嫌うかどうかは相手の課題であって、自分ではどうすることもできません。もちろんあなたの行動で相手の印象は変わるかもしれませんが、あなたのことを嫌う人は嫌うし、嫌わない人は嫌いません。

「嫌われないようにしよう」と他人の目ばかりを気にして、他人のために生きることがどれほど神経を疲弊させるだけの無駄な労力だということに気づくべきです。
だから、あなた自身にできることは「人のことを信じる勇気と覚悟」を持って人間関係を上下で考えず、ただ悪意を持たずに周囲に貢献する気持ちを持つこと。ただそれだけを気にすればいいのです。


広告


貢献自体がなかなかできない場合……

そうは言ったものの改善できないものはあります。

たとえば他人を信じるまでもなく、あなたに敵意しか向けてこない仕事環境である場合、この場合はその仕事場から離れることも選択肢に入れなければなりません。

先ほど、あなたを嫌う人に対する対処法として「無理に関係を改善させようと努力して神経をすり減らすのではなく、諦めてなるべく関係を持たないようにする」と述べましたが、それが仕事環境全体を覆っている場合は、わざわざ関係良化をしようと気を揉む必要はないのです。
どうやったってあなたを嫌う人はあなたを嫌います。
それならば、あなたに合った仕事環境を探せばいいのです。

それにあたっては以下の記事が参考になるかもしれません。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

129,000
+非公開求人19万件
(一部募集終了含む)

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/9)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人7,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/9)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link