パワハラがつらい…退職・転職を考えている人がやるべきこと

「もしかして、自分が受けてるのってパワハラでは?」
「でも自分にも至らない点があるから仕方ないのかも…」

そんな疑問を抱いている人もいるかと思います。
そこで、まずはパワハラの定義について確認してみましょう。

こういうことをされていたら、それは「パワハラ」

平成24年、厚生労働省「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」は以下のようなものをパワハラ行為と位置づけています。

  • 身体的な攻撃(暴行・傷害)
  • 精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言)
  • 人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
  • 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
  • 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  • 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

また、同省指定法人「21世紀職業財団」は以下のようなものをパワハラと定義づけています。

  • 公開叱責(多数の面前での叱責)、人格否定
  • 感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする
  • 退職勧奨や脅し
  • 無視の命令
  • 困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ
  • パワハラの訴えを聞き流す

つまり、以上の行為のいずれかを日常的に受けていたら、それはパワハラとなります。
「自分自身、仕事ができないから」「ミスが多いから」などは全く関係ありません。

たとえ仕事で失敗を犯してしまったからといって、多くの従業員がいるなか大声で責任を問い詰められたり、「給料泥棒」「辞めちまえ」などの暴言を受けるいわれはないのです。
(まともな上司なら、当人のプライドを考慮して個別に呼び出してミスを指摘しますし、感情的な罵声や暴言ではなく冷静に建設的な指摘をするはずです。)

パワハラは自分自身の行動ではなく、自分に対して行った相手の行動で決まるのです。


広告


状況の好転に向けて

パワハラをする人に共通する心理的背景

まず、なぜパワハラをするのか、その人の心の中について知っておきましょう。

「きっと仕事ができないから悪いんだ。自分や周りがみな仕事をしっかりやれば、パワハラされないはずだ」
そう考えている人もいるかもしれませんが、答えは否です。
パワハラをする人は常に攻撃できる名目を探しています。少しでも自分の思い通りにならなければ、たとえ仕事がどんなにできてもパワハラの標的になりうるのです。

ここで、パワハラをする人に共通する特性を紹介します。

パワハラする人に共通する心理

  • 自分を絶対的な正義的存在であると考えている
  • 常に善か悪か・上か下かという極論で物事や人間関係を考える
  • 自分の存在を否定されることをひどく恐れている(背景に、何らかのコンプレックスを抱えている場合が多い)
  • 常に自分のほうが上の立場であり善であると主張し安心したいがために、「悪」「下」と見なした相手に攻撃を向ける

加害者は、「あなたのミス」「あなたのマナー批判」「あなたのちょっとした隙」を血眼になって探しています。
そして、それらを見つけ次第、鬼の首を取ったよう大げさに騒ぎ立てるのです。
さらにたちが悪いのは、何も悪いことをしていなくても勝手に状況を捻じ曲げて解釈して敵意をあらわにしてくることもある点です。

パワハラする人が時折見せる優しさには要注意

臨床心理士の向後善之さんは著書『職場のパワハラから自分を守る本 (カドカワ・ミニッツブック)』のなかで、「ハラサー(パワハラをする人)はときどき、これらの攻撃を突然ぱったりとやめ、(中略)励ましたり、共感したりするようなそぶりを見せることがあ」るといいます。
しかし、これに一喜一憂してはならないそうです。

これらの優しさは、加害者が「周りに非難されないように」という自己保身が目的だったり、「なんて自分は優しいんだ」と自己陶酔するために行っているもので、決して思いやりから来ているものではないそうです。
もちろん、そのような優しさが長続きするものでもないということです。

パワハラ被害者がすべきこと

さて、ここまで読んできて、「こんなに精神的に未熟な人のために自分は悩んできたのか」「体調を崩していたのか」と感じるかもしれません。

ここからはパワハラを受けている人がどういった行動をとるべきなのかについて説明していきます。

気持ちを少しでも楽にするために

理論的な反論は全く意味がないので、そこに力を注がない

パワハラ加害者の心理から分かる通り、どんなに理論的な反論を返したとしても火に油を注ぐ状態になってしまいます。
相手は「上か下か」「善か悪か」にしか関心がないので、たとえ今回相手が折れても次回さらなる攻撃が待ち受けることになります。

「どうやって相手に理解してもらおう」
「どんな説明をすればきちんと聞いてもらえるだろうか」

そんなことを気に病むのは時間の無駄以外の何物でもないのです。

表面上は相手が期待する反応を演じる(嘘でもOK)

相手が一番満足のいく反応をしてあげることが、パワハラ被害を軽減するのには有効という意見があります。
自分にとって恨めしい相手に対して嘘をつくことに罪悪感を持つ必要はありませんし、心の中であかんべえをしつつ、表面的には完ぺきな部下を演じるのです。

自分の品格を下げる嘘はいけないものですが、自分に対して攻撃してくる人間に対して自分の心を守る嘘は遠慮なくつけばいいそうです。

これらのことは、先ほども紹介した『職場のパワハラから自分を守る本 (カドカワ・ミニッツブック)』(向後善之さん著)に詳しく書かれています。

この方法のほかにも、「リラクゼーション法」や「会話シャットアウト」など様々な「防御レシピ」が解説されているので、今まさにパワハラを受けているという人におすすめです。

今後、より多くの選択ができるように

パワハラの証拠を残しておく

のちのち労災を申請するためにも、あとあと裁判を起こすにしても、パワハラを受けていた証拠は重要になります。
以下にポイントを挙げておきます。

パワハラ発言は録音しておく

スマホのボイスレコーダーアプリなどを使用して、パワハラ発言を録音しましょう。もし難しい場合は専用のノートに事細かにパワハラの内容を記録しておきます。

物的証拠やメールは写真や画像で残しておく

パワハラされたときのメールは、本文だけでなく発信者や日時、送信先などもしっかり見える状態で、写真や画像キャプチャ、あるいは印刷で残しておきましょう。
物的証拠、たとえば押しつけられた書類の山、高圧的なメモ書きなどがあれば、それもしっかりと記録しておきましょう。

パワハラ被害をノートに記録しておく

その日に起きたパワハラの被害を、なるべく詳細に記録しておきます。日付、おおよその時間、内容、そしてそれによってどんな気持ちにさせられたか・どう思ったかをしっかり書いておきます。
これは、パワハラ被害者の発言内容に信頼性を与えるために、大変重要です。

病院の通院記録も残しておく

その他、パワハラが原因でうつなどの症状がある場合は、きちんと病院に行き、通院記録や診断書も残しておきます。

出勤が精神的に厳しい場合は休職などを検討

医師に診てもらい、就業困難の診断書が出た場合は「傷病手当金」の申請

健康保険の「傷病手当金」は、認定されれば給与の3分の2が支給されます。
「就業不能」や「就業困難」と記された診断書を会社に提出し、医師が指示した期間を療養に当てます。

認定率は低く期間を要するが、手厚い「労災」も申請しておくとよい

認定率はそれほど高くないですが、労災も申請しておきましょう。
労災は申請から認定まで半年から1年程度かかりますが、認められた場合、傷病手当金よりも手厚い給付を受けることができます。
なお、労災申請は会社を通さず申請することも可能です。

徹底的にケリをつけたければ裁判もあり

パワハラが原因で退職をしたがどうにかして白黒はっきりさせたいという人は、裁判も視野に入ります。
ブラック上司のやっつけ方 (カドカワ・ミニッツブック)』(橋口利雄さん・橋口幸生さん著)によると、訴状を出してから最高裁の判決まで5年あまりの時間を要したそうです。
この本では弁護士の探し方や裁判の経過についても軽く触れています。

また、『人が壊れてゆく職場~自分を守るために何が必要か~ (光文社新書)』(笹山尚人さん著)では、弁護士視点で様々な労働問題を、豊富な事例を交えて解説しています。
こちらは俯瞰した視点から理解を深めていくのに最適です(パワハラ以外の問題についても広く扱っています)。

まずは会社を辞めずに環境改善を努める。やむを得ない場合は退職・転職を

会社を辞めずに環境を変えられるなら、それに越したことはありません。
社内に相談窓口がある場合はそこに掛け合ってみたり、人事に相談してみたりし、なるべく社内で完結できるようにしたいところです。

しかし無理は禁物です。引き際は冷静に見極めたいところです。

なお、退職の手順や今後すべき仕事の方向性については「【会社・仕事を辞めたい】人生を左右する退職判断基準と転職のコツ」ページで詳しく説明しています。そちらも参考にしてください。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

112,400
+非公開求人16万件

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/6)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人11,400
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/6)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link