「接客業の仕事を辞めたい」転職先はどうする?経験者に聞く

「接客業の仕事を辞めたいけれど、転職が不安」
そう考えている人向けに、今回は実際に転職業の仕事をしていて転職経験を持つ人から話を聞きました。

「次の仕事はどんなものがいいのだろう」
「どんなことに気を付けて転職活動をすべきだろう」
そういったことを知るうえで役立たせてください。

転職の理由とは

まず、どのような仕事をしていて、なぜ転職を考えるようになったのか教えてください。
Mさん(女性・34歳)子供服の販売員として、レジ業務を中心とした接客、在庫管理や最新の子供服の仕入れなどの業務を行なっていました。子供服販売のノルマが厳しく、達成出来ない月が続くと店長から業務指導が入りました。4年ほど働きましたが指導が厳しく段々と仕事に行くのが憂うつになってきたのが転職を決意したきっかけです。
Gさん(男性・33歳)家電の接客営業を行なっていました。売り上げのノルマがあるが達成をしても何もない、達成をしなければ買わされ給料も低いので転職しました。
Wさん(男性・23歳)スポーツ用品の接客販売の仕事です。給与の昇給がなく、賞与も数万程度だったため転職を決めました。
Oさん(女性・25歳)主にレジ打ちや発注をしていました。不規則で体調を崩したので退職しました。たしかに周囲も終わる時間が遅いことが不満な人が多かったです。
Eさん(女性・27歳)イタリアンバールのホールスタッフとして、オーダーテイク、サービス、会計、販売などの接客をしていました。飲食業界でしか働いたことがなかったため、他の業種にチャレンジしたくなって3年で転職を決めました。

広告


転職への不安は?

転職をするうえで、何か不安はありましたか?
Mさん地方(石川県)なので仕事が少なく、自分の希望とする給料や休みなど待遇面で前より良い所が見つかるかどうか不安でした。
Gさん就職難な時期だったので、条件の良い仕事があるか不安でした。
Wさん別の職場でも、今と同じ(昇給がなく賞与もス少ないという)問題がおきたらどうしようという不安がありました。
Oさん辞めるときにまだ次の仕事を決めていなかったので不安でした。
Eさん異業種へチャレンジしたかったので、未経験の自分でも受け入れてくれる会社があるのか不安でした。

転職後の仕事は?

そして実際にはどのような仕事に転職したんでしょうか。また、その職場へ転職した理由についても教えてください。
Mさん老人ホームでの介護の仕事に転職しました。もともとお年寄りが好きだったことや、販売業にこりごりしていたからです。
Gさん自動車部品を加工する製造業に就きました。週休2日土日休みで給料が良かったので転職をしました。
Wさん営業職です。小売時代のコミュニケーション能力を活かせると思ったからです。
Oさん同じ接客業、主に販売です。接客をまたしたいと思ったのと、仕事が楽しそうだったからです。
Eさん広告関係の営業事務の仕事に転職しました。日雇いで募集していたところに入り、契約を持ちかけられたのがきっかけです。

面接での自己アピール・志望動機は?

面接では、どのようなことを自己アピールしましたか? また、志望動機はどのようなことを話したんでしょうか。
Mさん学生のときに老人ホームで介護の実習を行ったことをアピールしました。また、お年寄りが好きなことと、介護の仕事は将来性があるからと正直に言いました。
Gさん資格と過去仕事での経験をアピールしました。給料が良いことを志望動機としてお話ししました。
Wさんコミュニケーションスキルなど、次の職場に活かせそうな経験やスキルをアピールしました。志望動機は人と話すことが好きだったからと伝えました。
Oさん前職での接客したときの大切さや、接客が好きなことをアピールしました。こちらの店の商品に魅力を感じたことと接客が好きなことを話しました。
Eさん未経験で0スタートだったため、とにかく「何でもやらせてください!」と熱意を伝えた。数日間の仕事体験を経て、もっといろいろとやってみたくなった旨を伝えました。

広告


転職活動で印象的だったことは?

転職活動をしてきたなかで特に印象的だったことがあれば教えてください。
Mさん介護は人手不足なので条件が合うと分かったら、あっさり採用になりました。こんなにすぐに決まるんだと拍子抜けしました。
Gさん面接の結果は2週間ほどで連絡しますと言われましたが、次の日に電話で連絡がありすぐにでも働きに来て欲しいと言われたことです。
Wさん未経験業種はなかなか採用されないということが印象に残っています。
Oさん何人かで面接練習をしてとても緊張したので言い方が変になったことが印象に残っています。
Eさんただ単に人手が欲しかった、という理由もあるかと思いますが、仕事体験のときから携わってくれた担当者(現上司)のレスポンスの良く、仕事の丁寧さを褒めてくれ、ぜひ一緒に働かないか?と言ってくれたことが印象的でした。

転職して良かったこと・残念だったこととは

Mさん(介護職は)ノルマがないことが一番良かったと思います。ただ気難しいお年寄りがいるので、そのあたりは大変です。
Gさん(製造業の仕事に転職し)接客の精神的なストレスから解放させたことです。残念だったことは、時間や休みなど求人内容とは全然違ったことです。
Wさん給与はアップして良かったです。しかし、職場環境は期待していたほど良くありませんでした。
Oさん良かったことは、忙しい職場でしたが今まで自分ができないと思ってたこともできたり、自信がもてたことです。残念だったことは、思ったほどシフトが少なかったことです。
Eさんまだまだ成長中の小さい会社なので、上下関係なく意見を求めてくれる点が良かったです。ただし若い人が多く、マナーや常識に欠けたところがあるので、サークルの延長線上のように感じるときがあります。

接客業から転職を考えている人へアドバイス

最後に、接客業から転職を考えている人に向けて、何かアドバイスをお願いします。
Mさんどの仕事にも向き不向きがあると思います。辞めたい場合はとことん悩んで、自分が正直に思う方向に向かっていけば間違いないと思います。
Gさん次の仕事を決めるときはネットで会社の評判のチェックをすること、すぐ来て欲しいと言ってくる会社は注意することです。
Wさん現状の不満点がどうしてもいやだと言うことでなければ、少し考え直してみるのも手だと思います。
Oさん忙しいときは特に大変ですが、お客様からの「ありがとう」などお客様から救われることもあるかと思います。
Eさん辞めた場合のメリット・デメリットを良く考えて欲しいですが、一番は自分の気持ちに素直に従うことが大切だと思います。

接客業からの転職に利用しやすい転職サイトとは

では、接客業から転職するうえで、どの転職サイトの使い勝手がいいでしょうか。

もし今すぐではなくタイミングを見計らって転職したいと考えているのであれば、まずはリクナビNEXTに登録しておくことがおすすめです。
そして、以下のような使い方をします。

  • 自己分析ツールである「グッドポイント診断」を活用することで、自分のアピールポイントを発見する・再認識する
  • 「オファーメール機能」を利用することで、どのような企業が自分に興味を持っているのか、自分の市場価値はどの程度かを肌で感じる
  • 求人検索で検索条件を保存する機能があるので、自分の働きたい会社の条件をあらかじめ決めておき、その条件に合った新着求人を通知で受け取れるようにしておく

以上のことをしておけば、条件とタイミングが合ったときにすぐに転職活動を始められ、比較的スムーズに転職することが可能になります。

サイトはこちら:リクナビNEXT

また、今すぐに転職したいという人にもリクナビNEXTはおすすめです。以上のような使い方をしつつ、興味のある企業にエントリーを進めていくことが重要です。

もし地方に住んでいるなどで十分な求人がなかったら地方求人・中小企業求人が豊富な「はたらいく」を使ってみてもいいかもしれません。

なお、そのほかの転職サイトについても知りたいという人は、「転職サイトの比較・ランキング」ページを参考にしてください。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No