職場・社内の雰囲気が悪い…最悪… それを打開するには

職場の雰囲気が悪い理由

仕事内容が自分に向いていても、職場の雰囲気が悪いことでストレスがたまるということがあります。
どこか居心地が悪く、自分の居場所ではないような感覚。
次第に働いていない時間、通勤時間や寝る前、休みの日までも仕事に行く気持ちが重くなります。

ここではまず、何が職場の雰囲気を悪くしているかについて一度向き合ってみましょう。
たとえば以下のようなものが挙げられるかと思います。

  • 態度が高圧的な人がいる
  • 自分にだけ当たりがきつい人がいる
  • 自分に対しては当たりがきつくないが、職場内で悪口・陰口が蔓延していて、顔色をうかがうのに神経を使う
  • 上司と部下の足並みが揃っていない
  • 失敗やミスが許されない空気がある
  • 質問しづらい雰囲気がある
  • 権威を利用する上司がいる(パワハラセクハラなど)
  • 過度に社員同士を競わせる社風がある

職場の雰囲気が悪い理由の共通点としては、多くの人が精神的な負担を強いられていること、そしてそれが社内全体に漂っていることがいえます。

改善のために自分にできること

これらの原因を改善することが改善策となりますが、そう簡単に解決できたら苦労しません。
ここでは、ある程度悩んだ末に状況を少しでも打開する方法、気持ちを楽にする方法について紹介していきます。

自分が他人に向けてすべきこと。さらに悪化させないために

自分だけでも雰囲気を悪くしないよう努める

何か断るときに枕詞をつけることを心掛ける

限られてはいますが、自分が周囲に対してできることもあります。
その一つ目が、「枕詞」を使うということです。

たとえば以下のようなものです。

  • 《お忙しいところすみません。》+質問内容
  • 《的外れかもしれませんが、》+質問内容
  • 《知識不足で申し訳ありません。》+質問内容

相手に対して気遣い、へりくだるニュアンスの言葉であれば問題ありません。
これらの言葉があるのとないのとでは、受け手の印象が大きく変わりますので、無意識に使えるのに越したことはありません。

当然、すでに実践している人が多いかもしれませんが、今一度振り返り、意識的に駆使していきたいところです。

ちょっとしたことでも感謝の言葉を添える

上の内容に似たことですが、感謝の気持ちを添えることも重要です。

たとえば、メールの「お世話になります。○○です。」のあとに、

  • 「ご指摘いただきありがとうございます。」
  • 「△△の件、ご連絡いただきありがとうございます。

などを添えてみます。

感謝の言葉を言われて嫌な人はいません。
「余計なお世話かな」と思いながら送ったメールに「ありがとうございます」という言葉が返ってくれば相手はほっとしますし、感謝される期待を持たずに送ったメールに感謝の意が返ってくれば相手はうれしい気持ちになります。

ビジネスメールはマナーを守れば守るほど、硬い印象になりがちですので、距離感を与えないためにもこれらの言葉は有効です。

もちろん、メールの文面でなく普段の会話や電話でも実践していきたいところです。

自分自身の気持ちの持ちよう

すべての人に好かれる必要はないことに気づく

すべての人に好かれ、すべての人から尊敬される人になれれば、この世の中は間違いなく楽園です。
しかし、そのようなことは不可能です。
人によって価値観は違いますし、気の合う人もいれば気の合わない人もいます。気の合わない人から嫌われても、自分が悪いとは限りませんし相手が悪いわけではないかもしれません。

同じ人間ではありますが別の生き物です。
すべての人と共感できるわけではありませんし、すべての人が自分と共感できないわけでもありません。

人間関係に疲れを感じる人は、対面する人すべてに好かれようと自分の言動に逐一チェックを入れる傾向があります。

しかし、そのようなことは必要がありません。

「自分が嫌われているかどうか」は自分の課題ではないと言い聞かせ、たとえ結果的に嫌われていても仕方ないと考え、「自分が自然体でいても、自分と気が合う人との関係を育もう」と考えていくことが大切です。

被害者意識をなくす癖をつける

相手から冷たい態度を受けたとき、被害者的な意識を持ってしまうことがあります。
これは当然なのですが、それが悪化した場合、相手のどんな行動も自分に対する敵意なのではないだろうかと考えてしまうようになるのは大変危険です。

相手からすれば特に深い理由のない行動も、向こうで話されているコソコソ話も、なんとなく向けられた視線も、そして自分に対する善意までも、すべて深読みして被害妄想に変換してしまうことになります。

こうなると悪循環が増幅され、社内の雰囲気以上に居づらい環境となってしまうのです。

解決策としては、なるべく他人を信じてみることです。
それが難しい場合は、被害的な妄想をしてしまったときに、その逆の発想もしてみるのもいいかもしれません。

少なくとも、「もしかしたら自分は被害妄想を膨らませすぎていないだろうか」と気づくだけでも、気持ちは楽になります。

「見下したいから批判する」人を相手にしないようにする

世の中には、少なからず批判をするために批判をする人がいます。
単純に相手が気に入らないからというのもありますし、勝手に被害者意識を持って敵意を向ける場合もあります。
そういった人に対しては、悪意がないことをさりげなく行動に示すことで関係改善も期待できますが、その善意すらも主観的なフィルターによって悪意に変換されて解釈されてしまうこともよくあります。
たとえば、書類にミスがあり善意で手直ししておいたとしても、粗探しをされたと相手に解釈されることもあるのです。
これでは努力すればするほど、関係は悪化していく危険性もあります。

そういった人に精神をすり減らすのはあまり生産的とは言えません。
仕事上必要最低限の善意は見せつつも、基本的にはあまりその人に好かれることを義務だと考えないことが大切です。

自分だけではどうにもならないこともある

職場の雰囲気の悪さに対して、自分のできる範囲のことを説明してきましたが、必ずしもそれで打開できるとは限りません。
多少は気持ちが楽になることはありますが、以下のケースだと根本的な解決が難しくなります。

  • 元凶となっている人物が一人二人じゃない場合
  • パワハラ・セクハラが常態化している職場
  • 上の立場の人が職場の改善に関心がない

もちろん自身の立場を犠牲にして直談判をするなど、一石を投じることも有効な選択肢の一つです。
しかし、リスクの高い荒療治となりますので、それなりの覚悟と意気込みが必要です。

転職も視野に

今の環境において改善が難しく、その会社に将来的な期待も見込めないという場合、転職も一つの判断となります。
生活の大半を過ごすのが職場ですから、なるべく居心地のいい空間であるに越したことはありません。

会社を辞めたいと考えている人は以下の記事も参考にしてみてください。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

104,300
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/2)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人8,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/2)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link