スキルがない人、スキルに不安がある人向けの転職の進め方

「今の職場を離れて転職したいが専門的なスキルがない……」
「転職後に今持っているスキルが活かせるか不安……」

そういった方向けに、どういった方法や流れで転職を進めていけばいいのかを解説していきます。

働きながら転職するのがおすすめ

まず、スキルに不安を持っている人は、今の職場を辞めずに転職活動を進めることをおすすめします。
万が一、転職候補が自分にとって満足のいくものばかりかもしれません。
そのため、良い転職先がなかったときのリスクヘッジとして、職場を辞めないことを推奨します。

就業しながらの転職活動は多少バタバタしますが、金銭面の余裕があるので精神面での焦りはかなり軽減できるのもメリットです。

自分のスキルやポテンシャルを必要としてくれる会社があるかエージェントに相談してみる

自分のスキルが必要とされているのか、今の実力で転職できるのか不安を抱えている人は、転職エージェントに相談することも有効です。

転職エージェントは誰でも無料で利用することができ、キャリアアドバイザーによる面談やカウンセリングを行って、企業にとっても転職希望者にとってもプラスとなるよう双方を繋いでくれます。

エージェントは無理な転職を薦めません。
正直ベースで相談すること有益なアドバイスをもらえることが期待できます。
また、「自分の強みが何か分からない」「転職にあたってどう自分を企業にアピールすればいいか分からない」という人にも、業界知識や過去の経験に裏付けされた助言をもらえます。

転職エージェントは面接対策や履歴書・職務経歴書添削、企業との面接日程調整なども行ってくれるため、働きながら転職する人にはとても使い勝手の良いサービスです。

転職エージェントはいくつもありますので、比較・評判ページで自分に合ったものを探してください。

転職サイトのスカウトメールを使って自分の市場価値を知るのもおすすめ

また、転職エージェントでなく転職サイトでも、ある程度自分の市場価値を知ることができます。

方法は以下の通りです。
基本的にどの転職サイトでもおおよそこの流れになります。

  • 転職サイトに登録後、職務経歴やスキルなども登録します。
  • そして、スカウトメール(オファーメール)の受信設定を行います。
  • どういった企業からスカウトメール(オファーメール)が届くか確認する。

これによって、ある程度ですが、どういった企業が自分を必要としているのかの参考にできます。
なお、スカウトメールはDM的な要素が強いため、かなりの数のメールが送られてくることは念頭に置いておきましょう。

転職サイトの比較はこちらでまとめています。


SEに転職したいがスキル不足が不安な場合にすべきこと

SEに転職したい、今もSEだけど別の会社に転職したいという際、自分が他の企業でやっていけるかとスキル不足を心配する方は多くいます。

このページではそんな人に向けて、転職活動時にどういった点に気をつけておけばいいか、どうやってそれらを補っていけばいいかを説明していきます。

企業側の需要と一致しているか・関連性が高いかを確認

企業側がSEの採用を決める場合にもっとも重視することの一つが、今必要としている(またはもうすぐ必要になりそうな)知識・能力を持っている人かどうかということです。

ここがマッチングしなければ、どんなに他が好印象でも落とされてしまう可能性が高いのです。
そのため、求人などで自分のもっとも得意とする分野とどれほど近いかも非常に重要になってきます。

成長の伸びしろを感じさせること

多少スキル不足でも採用したくなる人材というものがあります。
システム開発のセンスが高いと感じたり、これから伸びそうだなと感じる場合です。

そういったセンスを周囲が感じてくれたことがあるエピソードなどがあれば、志望動機に織り交ぜてさりげなくアピールしておくことが大切です。

転職活動で紹介できる自作物を用意する(勉強にもなり一石二鳥)

自分が以前携わった案件や役割はもちろんですが、個人で作ったウェブサービスなどの成果物があれば、スムーズに紹介できるようにしておきましょう。
採用後の業務との関連性が高ければ、これは非常に評価されます。

教育プログラム付きの就職・転職サポートを利用する

もしスキルに自信が持てないのであれば、教育プログラムの付いている転職サポートなどを活用してみるのもおすすめです。
こちらについては別ページにて詳しく説明していますので、以下を参考にしてください。

ITに強い転職サービスを使うことも大事

転職サイトや転職エージェントには様々なものがありますが、IT業界に強いサービスを選ぶことも重要です。
特にIT系の転職エージェントは、専門的な知識や現場の事情を熟知しているキャリアコンサルタントンに相談できる貴重な場でもあります。

なかなか採用されない場合は、未経験可の求人に応募してみる

もし、経験者向けの求人でなかなか採用されない場合は、未経験者も受け付けている求人に応募してみるのもいいかもしれません。
また、エージェントを利用している方は担当のキャリアアドバイザーに、どういった能力が不足しているかを率直に尋ねてみてください。

人によってはそこから、自分の伸ばすべきところや勉強する箇所が明らかになっていくことがあります。


また、もしIT企業から離れたい、同じIT業界でも別の仕事をしてみたいという方は「IT業界・IT企業を辞めたい」人向けコンテンツも参考にしてください。
このページでは、過去にIT業界で働いていた人の転職体験談を読むことができます。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

129,000
+非公開求人19万件
(一部募集終了含む)

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/9)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人7,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/9)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link

以上が、スキルがない人、スキルに不安がある方へ向けた、転職の進め方となります。