転職エージェントのアドバイザーが偉そうな態度だったら…

どの転職エージェントにおいても、キャリアアドバイザーにはそれぞれ個性があります。
そして個性はもちろん転職者との相性にも結びつきます。

「なんか上から目線で物を言われている気がするな」
「本当はこういうことも相談したいんだけど、この人には言いにくいな」
「もっと話しやすいひとだったら良かったのに」

少なからずそうした気持ちを抱きながら転職エージェントを利用している人もいるかもしれません。


広告


偉そうな担当者にも優劣はある。ただし相性が合わなければ他を使おう

転職エージェントのキャリアアドバイザーにおいては、基本的には偉そうでない人のほうが何事もうまく進みやすいです。
その理由は以下のとおりです。

  • 同じ目線で話してくれるので、こちらの立場や事情を理解しようと努めてくれるため
  • 担当者が偉そうだと、相談したいことがあっても馬鹿にされそう、鼻で笑われそうという不安が付きまとう。しかし、上から目線でない担当者の場合、こちらも相談しやすいし、細かな要望や質問についても投げかけやすいため

では、偉そうな人が必ずしもダメなアドバイザーかというとそういうわけでもありません。

少し殺伐とした印象を与えている人であっても、実は熱心に転職者のことを同じ目線で考えてくれているかもしれませんし、だれよりもぴったりな求人を紹介するのがうまいかもしれません。

そのため、偉そうでないアドバイザーのほうが進めやすいというのは、あくまで単なる傾向ともいえるのです。

では、偉そうな態度の人に当たってしまった場合、どうしたらいいでしょうか。

一度面談をしたときに、ある程度相手の印象が決まるかと思いますが、その際に「言葉にトゲはあるけれど信頼できそうだな」と思えるかどうかが判断基準となります。

もしそう思えたならば、しばらくはその人で様子を見てもいいでしょう。
また、比較のために他の転職エージェントを併用するのもおすすめです。

その際は転職エージェントの比較ページが参考になるはずです。

一方で、「信頼もできないし話もかみ合わない」タイプの場合は、なるべく早めにエージェントの窓口に相談して担当者を変更してもらうか、それが難しい場合は他の転職エージェントに切り替えるのがよさそうです。

転職サイト・転職エージェントともに、人によって使いやすいサービス、使いにくいサービスがあります。
もし自分に最適な転職サービスを探したいという場合は、「おすすめの転職サイト」ページを参考にしてください。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

広告