転職エージェントは「相談だけ」のために利用しても問題ない?

転職エージェントは利用しても費用がいっさいかかりません。
ここで疑問なのは、転職エージェントに転職相談だけしても問題ないのかということです。

結論から言うと、「相談だけ」のために転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けることは何ら問題ありません。
今回はそのことについて説明していきます。

「相談だけ」の人を転職エージェントはどう見てる?

転職するか今の会社にとどまるか迷っている段階で、転職エージェントに相談することを、エージェント側はどう考えているのでしょうか。

多くのエージェントは、自身のサービスを利用して転職をしてくれることを期待しています。
しかし、転職を初めから決意して転職エージェントを利用する人が全てではありません。

話しているうちに「転職したほうがいいかも」という気持ちになるかもしれませんし、ならないかもしれません。
そういった意味では、「とりあえず相談だけでも」という人は転職エージェントからしても問題ないのです。

(逆に、転職を決意していても転職者の志向と求人がかみ合っていなければ「やめておいたほうがいい」と伝えることもあります。)


広告


「相談だけ」でも得られることがある

では、転職エージェントに相談することで得られることは何があるのでしょうか。
おおざっぱな言い方をすれば、「自分が転職をするイメージを、今までよりも具体的に持つことができるようになる」と言えます。

たとえば、次のようなことです。

自分の市場価値・適正年収を知れる

キャリアアドバイザーとの面談をすることで、自分の市場価値を知ることができます。
「今もらっている給料が適正年収に比べて安いのか、高いのか」「どのような企業から求められているのか」
そういったことを客観的に認識できるようになるのです。

企業側がどのような点を重視しているのか見えてくる

キャリアアドバイザーからの質問で、どういったところが関心を持たれているのか、どういったところが懸念事項なのかが何となく見えてきます。
転職をする際に、どういった部分をアピールすればいいのか、ぼんやりとでも分かってくるかもしれません。

なお、実際に転職するという場合は、エージェントにおいて面接対策もありますので、アピールポイントをしっかりと固めることが可能です。

様々な事例を知ることができる

キャリアアドバイザーの多くは他の人の転職を今までサポートしてきたなかで、経験を蓄積しています。
転職するとなると実際どのくらい年収が上がるのか、どういう環境で働けるのかなど、具体的な事例を聞くことができます。


以上が、転職エージェントを相談だけに利用してもいいか、得られるものは何かの説明となります。
転職エージェントのおすすめもぜひ参考にしてみてください。各サービスの得意分野や求人数、拠点の情報などもまとめています。