転職しようか迷う人がチェックすべき判断材料一覧

「働いていて何か違う気がする…」
そんな気持ちを抱くようになって、ふと転職を考えいる人もいるかもしれません。
同時に、転職してうまくいくかも分からないし、今のまま我慢していこうかと考えている人も多くいると思います。

転職をすれば成功するとも限りませんし、かといってずっとこのままの環境で状況が改善するとも限りません。
そんななかずっとモヤモヤした気持ちを抱えている場合、一度しっかりと考えてみることが大切です。

転職すべきなのかどうかしっかりと考えれば、その結論がどっちに傾いたとしても、迷っている今より精神的な不安が解消できるはずです。
ここでは、その決断を下すための判断材料を紹介していきます。


広告


転職するべきか診断・判断材料

つらいことは一時的なものかどうか

もし一時的に精神のすり減る思いをしたり、上司からきつい叱責を受けたりした場合、大きく落ち込むことがあります。
そのとき、「この仕事は自分に合ってないのかな」とか「責任の重さが自分に見合わないな」などと悩んでしまうと思います。

そんなときは、一度冷静になってみましょう。
感情的に決断を焦って辞めてしまう結論を下すのは、あとで後悔をすることになる可能性が高まります。
あくまで、いっときの感情に流されるのではなく、自分自身の気持ちを落ち着かせた段階で、ゆっくりと判断すれば良いのです。
決断を迷っている間に、今の仕事がうまく回るようになってくることもあるのです。

今の会社で伸ばせる能力やスキルはあるか

今の会社で伸ばせる専門的な知識やスキル、ノウハウはあるかどうかは、転職をするかしないかの判断材料としてとても大きなものです。
つまり、今後何十年後かにどうしても転職をせざるを得ない状況になったとき、年齢を重ねた自分を採用してくれる企業があるのかどうか、ということです。
もし今の会社で得ているスキルが活かせるものであるならば、転職するか否かは他の要因にゆだねられます。
しかし、もし今の会社でしている作業が、自分にとって何の能力も得られるものでない場合、早いうちに手を打ったほうがいいことも頭の片隅には入れておきたいところです。

ある転職経験者は、上司から何気なく「お前、十年後もこの会社でこのコピペの作業してるの?」と言われ、急に将来を不安に感じるようになったと聞きました。
その人は転職をし、本人の努力もあり今はSEとして働いています。すべての不満から解消されたわけではないかもしれませんが、将来に対する不安は少なからず軽減したはずです。

理解者が社内にいるか

多くの方が人間関係の悩みで転職活動を検討します。
会社によって人柄の良い社員が多い環境もありますが、残念ながらギスギスした余裕のない職場が多いのも事実です。
もし、理解者がいる場合はその人に相談したり助け合ったりして、少しでも精神的疲労を和らげることも有効です。

理解者がいない、あるいは極端に少ない場合は、無理に今の会社を続ける必要もありません。
しかし、転職後も同じ悩みに直面しないよう「職場の口コミサイト」をチェックすることも大切です。

周囲の目が気にして萎縮したり自由度を制限していないか

人によっては、「これをしたら怒られるかも」とか「上司の前ではこうしていないと…」などと、あまりにも周囲に気を遣うあまり、職場にいることがとても苦痛になってしまうことがあります。
これは気遣いのできる人ほど陥りやすいです。

この場合、転職よりもまず先に、人目を気にすることをやめ、他人にどう思われているかを気にしすぎる癖を少しずつ取り払っていく必要があります。

仕事自体が向いているかどうか

「今の仕事が向いていないかもしれない…」「単純に、仕事がつまらない」
仕事をしていて漠然と面白くないと感じるようになって、転職を考えることもよくあります。

この場合、「自分のやりたいことかどうか」も大切ですが、より適職かどうかを判断する方法があります。
それは、「周囲の反応が自分のかけた労力に比べてどうだったか」ということです。

つまり、自分では頑張って手がけた成果なのに、周囲の反応がいまいちだという場合、適職でない可能性が高いのです。
逆に、それほど力を入れなかったのに良い反応が得られた場合、その仕事や作業は(好きかどうかは別にして)自分にとって向いている仕事とも言えるのです。

また、ためしに転職サイトのウェブ適職診断を受けてみるのもいいかもしれません。
たとえば以下のようなものがあります。

  • グッドポイント診断(リクナビNEXT)
    • 簡単な四択の設問に答えるだけで【自分の強み】を客観的に知ることができるものです。おおよそ20~30分程度かかります。
    • グッドポイント診断の他に、3分で分かる【適職】診断もあります。

年収は適正か

「こんなに働いているのに何でこんなに給料が少ないんだろう」
「同年代の他の人よりも貰っていない気がする…」

そう感じた場合も転職の検討はすべきです。
ただし、以下の点に注意することが大切です。

  • 年収が自分の想定より低い場合、それは何が原因か
    • A. 会社自体が出し渋っている、または多く出せない状況
    • B. 業界自体に資金が潤っていない

もしAの場合は、同じ業界でも転職によって年収が上がることも期待できます。さらに、スキルや技術を磨けいていればその期待はより一層高まります。

しかし、Bの場合、業界自体に資金がないため、たとえ転職をしても年収が上がるという期待は比較的低くなります。
その場合は、(年齢層にもよりますが)スキルを少しずつ増やしつつ、市場価値が高く評価できる業界に少しずつスライドしていくことがポイントとなります。

ただし、ここで記した内容はあくまで「年収を上げたい」人向けの情報となります。
それよりも職場環境や休みやすさ・帰りやすさを重視する場合は、これよりも他の項目の診断基準を参考にしてください。

なお、適正年収を知ることができる転職アプリに「ミイダス」があります。

年代別の転職ポイント

以下、年齢層別の転職のポイントについても軽く触れておきます。
これも、転職を迷っているときの判断基準の一つになるかもしれません。

20代

20代の場合、採用企業側も若さを評価します。一つの企業文化に染まりきっておらず、新しい環境にも順応しやすいと考えられています。
そのため、たとえ異業種であっても転職しやすいという強みがあります。

気をつけておきたいのは、自分がやりたいことと今していること、それぞれの将来性や年収をしっかり確認することです。
「将来家庭を持って家を買って…」などと考える場合、より将来性のある業界で平均年収も高いところであるかどうかも、今一度確認してみることが大切です。

30代

30代の場合、今までの経歴がさらに評価基準とされます。

異業種への転職は難しくなりますが、他の業種でも通用する知識やスキルがあれば、それが評価されることもありえます。
年収を上げたい場合は、自分の経歴を活かして資金が潤沢にある業態への転職が可能かも検討してみるのもおすすめです。

40代

40代の場合、即戦力としての人材を求められます。

今までに培ってきた経験を活かしたスキルを発揮することが期待されている一方、まったく新しい仕事への挑戦は、専門的な仕事になればなるほど難しくなります。

判断基準まとめ

転職をしたほうがいい人

  • つらいと感じているものが一時的なものではない
  • 比較的若く、新しいことを覚えることに抵抗がなく、やりたいことと業界全体の将来性が一致する
  • 年齢が若いが、今の会社で伸ばせる能力やスキルに限界があり、自身の市場価値が上げにくい

転職をやめたほうがいい人

  • つらいと感じている環境を、自分自身の考え方や周囲への相談で解決できる可能性がある
  • 年齢的に、転職をすると年収が大きく下がる可能性が高く、それが許容できない
  • 割と給与が高くて働きやすく今の会社に不満はないが、周囲に転職成功者がいたり転職を煽られてたりしているうちに、転職に関心を持つようになった

特に今の会社に不満がない場合、転職に関する情報にアンテナは張りつつも、さまざまな情報に煽られないことも大切です。「今の働きやすく待遇もいい環境は、実のところかなり恵まれているのかもしれない」という視点ももつようにしておきます。


広告


転職の決断に悩んでいる場合に相談できる転職エージェントもある

ここまで、いくつか転職活動をするべきかどうかに対する判断材料を提示してきました。
おそらく、ここまでで当てはまる悩みもあれば、この内容だけでは判断がつかないということもあるかと思います。

そういった場合は転職エージェントに相談することも有効です。
利用にお金はかかりませんし、たとえばdodaは今の職場のほうがいいと判断された場合は無理に転職を進めないスタンスを取っています。

他にもおすすめの転職エージェントはありますので、比較したい場合はこちらを参照してください。

内定を複数もらってどちらに転職するかを悩んでいる場合

もし内定を複数もらっていて、どの会社に転職しようか悩んでいる場合、以下の基準も加味して判断してみてください。

  • 今までの自分の業務の中で、それほど力を入れなかった割に評価されたことは何か。そして、それはどちらの会社のが活かせるか
  • 会社の口コミサイトなどを参考にし、入社前(現時点)とのギャップが少なそうなのは、どちらの会社か

1つめは、自分の適性と業務の相性を簡易的に診断できる方法です。そのためにも、入社後の具体的な業務内容(具体的に何を期待され、何を任されるのか)は今一度再確認しておくことが大切です。

2つめは、会社自体を見るということです。
一方的な求人案件からは見えない社風や昇給に関することもしっかりと調べ、後悔のない判断をしたいところです。


このページでは、転職しようか迷う人向けに、その判断基準を紹介してきました。
いざ、転職をしようと決心したら、転職のやり方についても把握しておきたいところです。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

104,300
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/2)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人8,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/2)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link