「受付の仕事を辞めたい…」転職先は?経験者に聞いてみた

「受付の仕事を辞めたいと考えているけれど、次の職はどうしよう…」

転職を考え始めたとき、まず思い浮かぶのは「次の就職先はあるの?」ということ、そして「転職先では今の悩みは解決するの?」ということです。

ここではそういった人向けに、実際に受付から転職をした人の体験談を紹介していきます。

退職を決意した理由は?

まず、受付業務での仕事の内容と、退職を決意したきっかけについて教えてください。
Mさん契約社員として、窓口に手続きに来られたかたの対応をしていました。主に書類の審査と受理、今後の説明など接客的な事務業務です。3年ほど働きましたが、ほかの職員と同じ仕事をしているのに賃金は安かったし、賞与もなく不満だったことが転職の理由です。
Sさん小さな会社の事務と受付を6年間していました。毎日、同じような作業ばかりしていることが退屈だったのと、給料が安いことが退職理由です。
Oさん自動車ディーラーの会社で、ショールームの受付兼営業を3年行なっていました。業務内容の意味がまったくとれず、身体を壊すようになり退職しました。
Kさん葬祭業の受付事務として、電話対応、生花の受発注、通夜時の生花代の受付などを行なう仕事です。残業や早出が半端なく、朝5時過ぎに出社や夜9時前の帰宅が多かったため、半年くらい働いて転職を考えるようになりました。契約社員でしたが、責任が正社員と同じ扱いなのも重荷になりました。正社員と対等の扱いを受けましたが、休みに関しては正社員以下でした。

広告


転職への不安は?

次に、転職をするにあたりどのような不安がありましたか?
Mさんすぐに正社員での仕事が見つかるかという不安がありました。
Sさん未経験の仕事に対する不安がありました。仕事を自分ができるのかという心配です。
Oさん収入面で、車のローンが払えるかどうかが不安でした。
Kさん次の仕事が早くみつかるかということが不安でした。

転職先は?

そして、どのような仕事へ転職したんでしょうか。その仕事や職場を選んだ理由についても教えてください。
Mさん正社員の受付事務として就職できました。前職とは分野は違っていたけれど、少し勉強すればできそうな仕事だったし、給与面・福利厚生などもしっかりしていたので、その会社を選びました。
Sさんサービス業・接客業の販売員です。人を相手にする仕事をしてみたいと感じたからです。
Oさん自動車リース会社の事務の仕事に就きました。前職で培った自動車関係の知識と損害保険の知識が活かせると思ったからです。
Kさん事務のお仕事です。やはり慣れていることをしたほうがいいと思ったからです。

面接での自己PR・志望動機は?

企業面接では、自己PRや志望動機はどのように説明しましたか?
Mさん受付事務の経験はあるので、そこを推しました。「人との接し方には自信があります」と話した記憶があります。志望動機は「待遇もよく、職場環境がよさそうだったので応募しました」と話しました。
Sさん(接客の仕事は)未経験で自信がなかったのですが、人とのコミニュケーションをもっと学びたいと話しました。上手なコミニュケーションは、自分の人生さえも変えると感じたので、それを素直に志望動機として話しました。
Oさん(同じ分野の仕事なので)前職での知識をアピールしました。知識を活かしたいということをお話ししたと思います。
Kさん(事務の仕事なので)パソコンのスキルが高いことをアピールしました。志望動機は、希望の時間で残業がないところ、パソコンが使えれば良いという条件だったところを正直に話しました。

広告


転職活動中に印象的だったこととは

転職活動をしていくなかで、特に印象に残ったことや気づいたことを教えてください。
Mさん年齢制限がギリギリだったので、そのことを伝えると「面白い子だね」と言われました。
Sさん何度も面接を落ちましたが「必ず分かってくれる会社はあるから」とアドバイザーさんが励ましてくれた結果、見事に、次の面接で受かったことが印象的でした。
Oさん損保の資格をとっておいたのは(その職場の面接を受けるうえで)アピールポイントとなるのでとっておいて良かったです。
Kさん子どもがいるので、子育てに理解のある会社を探しましょうと言われたことです。

実際に転職をして良かったこと・残念だったこと

無事転職を終えたわけですが、新しい職場に転職をしてみて良かったことと、不満なところを教えてください。
Mさん上司は話しやすく、すぐに職場に慣れて良かったです。ただ、もう一人いた事務の方がお嬢様的な方で、心から打ち解けることはできず…。女子は2人だけだったので休憩時間は少し苦痛でした(笑)
Sさん今までと全く違う環境が新鮮でした。他人と話すのに抵抗がなくなったことが一番良かったです。残念だったことは特にありません。
Oさん良かったことは土日祝と休めたことです。不満な点は、外資系企業のためトップが変わると方針もがらりと大きく変わることがあったことです。
Kさん子育てに理解があり、早退など素早く対応してくれる点は本当に良かったです。残念な点を挙げるとすれば、業務時間内で仕事がないときは暇なのでネットをみるしかないことでしょうか。

転職を考えている人に向けて

最後に、転職を考えている人に向けて何かアドバイスをお願いします。
Mさん自分のやりたい仕事ができているのであれば、頑張って続けてほしいと思います。ですが、ほかに自分にできることはないか?このままでいいのか?と悩まれているのであれば、一度客観的に自分を見直し、将来の設計をしっかり考え行動してほしいと思います。
Sさん接客業は、人間関係やコミニュケーションを勉強できる仕事です。面倒なこともありますが、後になり、必ず自分の役に立つ経験だと感じます。
Oさん会社の常識が社会の常識だと思わず、つらければやめて別の仕事を探してもいいと思います。ただ、いやな会社でも、もし取れる資格があるなら積極的に取っておくと今後に役立ちます。
Kさん続けてれば慣れてくるでしょうし、もう少しだけって頑張ってみてはどうでしょうか。

衝動的に転職をするよりはじっくりと考えて決断したほうが良さそうです。
特にKさんが話しているとおり、仕事が慣れていない時点では、まだその仕事が自分に合っているかどうかも未知数です。
まずは現在の不満な点を洗い出し、それが解決可能かを見極めてみてください。

受付からの転職におすすめなサイトは?

では、受付の仕事をしていて実際に転職する場合、どの転職サイトがおすすめでしょうか。

もし今すぐではなくタイミングを見計らって転職したいと考えているのであれば、まずはリクナビNEXTに登録しておくことがおすすめです。
そして、以下のような使い方をします。

  • 自己分析ツールである「グッドポイント診断」を活用することで、自分のアピールポイントを発見する・再認識する
  • 「オファーメール機能」を利用することで、どのような企業が自分に興味を持っているのか、自分の市場価値はどの程度かを肌で感じる
  • 求人検索で検索条件を保存する機能があるので、自分の働きたい会社の条件をあらかじめ決めておき、その条件に合った新着求人を通知で受け取れるようにしておく

以上のことをしておけば、条件とタイミングが合ったときにすぐに転職活動を始められ、比較的スムーズに転職することが可能になります。

サイトはこちら:リクナビNEXT

また、今すぐに転職したいという人にもリクナビNEXTはおすすめです。以上のような使い方をしつつ、興味のある企業にエントリーを進めていくことが重要です。

もし地方に住んでいるなどで十分な求人がなかったら地方求人・中小企業求人が豊富な「はたらいく」を使ってみてもいいかもしれません。
なお、受付からの転職の人はハローワークで転職をしている人も多いようです。

また、会社を辞めたいという人はこちらも参考にしてください。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

広告