薬剤師の転職はいつから始めるのが最適か。退職時期やタイミングを見極める

薬剤師が転職したいと思ったとき、具体的にいつ頃から、活動を開始したらよいのでしょうか。
求人自体は多いので、いつでも転職できるというイメージがあり、かえって動き出すきっかけがつかめない人も多いでしょう。しかし、一口に薬剤師の仕事といっても、いろいろな職種があり、転職事情も様々なのです。

そこで、まず以下のことを確認してみましょう。

  • どうして転職したいのか
  • どんな業種・職種に転職したいのか(病院、薬局、ドラッグストア、企業)
  • 今後どのように働いていきたいのか

転職したい理由や、希望する職種によって、スタートすべき時期は変わってきます。募集時期が限られている職種に就きたい人や、ボーナスをもらってから転職したい人など、タイミングを見計らって活動を始める必要があります。また、いつと言うより、とにかく早くスタートしたほうがよいケースもあります。

また、転職活動にかかる期間は平均1か月くらい、退職を申し出るのは退職日の1か月以上前に、というのが一般的です。
では、様々なケースに応じて、最適な転職活動開始時期について見ていきましょう。

1月~3月だけじゃない?転職活動開始のタイミング

一般的には、最も求人の多い1月~3月が、薬剤師の転職活動に適していると言われています。ただし、一概にそうとも言えません。求人が多いということは、転職活動をする薬剤師も多く、競争率も高いということ。そこをあえて外すという考え方もあります。

ドラッグストアであれば、1月~3月に限らず、1年中たくさんの求人があります。
また、一部の病院など、1月~3月以外の時期に募集が多い職種もあります。

転職したい時期が明確な人、募集時期が決まっている職種に転職したい人などは、それぞれのタイミングを見計らって動く必要があります。ただ、いずれにしても薬剤師向け転職サイトへの登録は早めにしておくと安心です。

ボーナスをもらってから転職したい人…5月または11月には動き出す

ボーナスをもらってから転職したいという人は、やはり多いのではないでしょうか。
一般的に、ボーナスが支給されるのは6月と12月。12月のボーナスをもらって1月から転職を希望する人が多く、求人も一番多く出る時期です。

気を付けたいのが、時期を間違えるとせっかくのボーナスがもらえなかったり、かなり少ない額になってしまうことです。ボーナスの支給規定は会社によって異なるので、よく確認しておきましょう。
また、退職予定であることが査定に影響することも、残念ながらないとは言えません。

理想的なのは、ボーナスをもらってから退職を申し出て、それから十分な引継ぎ期間を取り、退職することです。

3か月も待ってもらえない場合は、1か月は引継ぎ期間を取りましょう。つまり、6月(12月)のボーナスをもらってから申し出て、7月(1月)に退職する、というのが最短です。もっと早くから活動して、早めに次の仕事を決め、余裕をもって申し出るのがベストですが、そうするとボーナスがもらえなかったり、減額される可能性もあります。また、1月の退職は繁忙期に当たるため、引継ぎなどに十分に配慮しましょう。

総合病院への転職のチャンスを広げたい人…3月ころから求人をチェック

毎年3月下旬に、薬剤師国家試験の合格発表があります。新卒内定者が試験に落ちてしまうと、内定を辞退するため、その補充のための求人が出ることがあります。平成31年度の試験では、新卒者の合格率は85.50%(厚生労働省発表)、過去には70.49%という年もありました(厚労省発表・PDFファイル)。

その他、年度末なので、家族の転勤などで退職する人なども多い時期です。
総合病院などは、通常は求人が少なく、いつ出るかわからないので、どうしても総合病院に転職したい人は、この機会を狙うのもありでしょう。

また、公立病院などは少し遅く、6月~7月ごろにかけて、通常の募集をするところが多いです。
応募期間・選考期間などは長くかかりますが、公表されているのでスケジュールは立てやすいでしょう。

病院の求人は薬剤師向け転職サイトのコンサルタントに依頼しておくほか、自分でもチェックできます。都道府県薬剤師協会のホームページや、各病院のホームページに求人情報が掲載されています。

調剤未経験で薬局に転職したい人…繁忙期入社を避け、6月ころから動き始めるのもアリ

企業で働いていた薬剤師など、調剤業務未経験の人が調剤薬局に転職することは問題ありませんし、そういう人は多くいます。
ただ、そういう人が繁忙期に新しい職場に入ってしまうと、落ち着いて指導をしてもらえない可能性があります。特に大型チェーン薬局など、患者さんが多く来る薬局ではなおさらです。1月~3月の繁忙期の入社は避けたほうが安心です。

6月~9月は1月~3月ほどではありませんが求人が豊富にありますので、この時期を狙って活動開始するのです。6月のボーナスをもらってから退職することも可能です。

中小規模の薬局や病院へ転職したい人…退職希望日を決め、その2か月位前から

「中小規模の薬局でより地域密着で働きたい」「中小規模の病院で落ち着いて働きたい」という人もいるでしょう。こういったところの求人は、とにかく急いでいるところが多いのです。
欠員補充のケースが多く、現場はたいてい少人数で回しているので、なるべく早く入社してほしいわけです。
引継ぎがあるので待ってほしいとお願いしても、あまり待てないということがあります。選考期間も短いので、早く動き出したら早く決まり、その後のスケジューリングに困ってしまうのです。

すでに退職していてすぐ入社できる人はよいですが、在職中の人は要注意です。せっかく内定をもらっても、退職時期をめぐってもめてしまったり、多大な迷惑をかけてしまうことになっては困りますね。

この場合は先に退職希望日を決めてしまいましょう。できれば繁忙期などを避けて、問題なく退職できそうな時期を選びます。そして、その2か月前がスタートの目安です。仕事探しから内定までで1か月位、引継ぎには最短でも1か月かけたいので、合計2か月前というわけです。
転職先が急いでいると言っても、1か月位なら待ってもらうことも現実的です。

引継ぎの準備は、なるべく早くから始めておくことが大切です。早めに内定が出たら退職の申し出も速やかにし、その分引継ぎの時間に充てましょう。

いずれにしても、薬剤師の転職サイトを利用する場合はコンサルタントに相談することができます。

すぐにでも動き始めた方がいいのはこんな人

いっぽう、退職したい日を決められない人、とにかく急いで転職したほうがよい人は、いつからと言うよりとりあえず早く動き始めましょう。

今の職場で働くのがつらい人

パワハラやいじめなど、人間関係に悩んでいる、体力的にきつい、などの理由で転職したいと思っている人は、できるかぎり早く動き出しましょう。もちろん、まずは改善策を考えたり、上司に相談してみることも必要です。しかし、特に人間関係などは、職場環境によってはどうしようもない場合もあります。まずは自分自身の心身の健康を優先させましょう。幸い、薬剤師の場合、求人自体はたくさんあり、転職活動も短期間で済むことも多いのです。

ただ、早く転職先を決めたいと焦ってしまうと、ミスマッチを生み、また転職するはめになることも…。特に人間関係が理由で転職したい、という人は、必ず職場見学をしましょう。薬剤師向け転職サイトを利用する場合は、コンサルタントから職場の雰囲気についてよく確認することが大切です。

レア求人やハイクラス求人を探している人

今の職場に不満はないけれど、少し違う仕事をしてみたい、キャリアアップしたい、という人はあせって転職をすることはありません。ただ、企業などのいわゆるレア求人や、大学病院・公的病院などの求人、管理職などのハイクラス求人は非常に少ない上、いつ出てくるかわかりません。

早めに薬剤師の転職サイトに登録して、希望を詳細に伝えておき、厳選した求人を紹介してもらいましょう。希望の求人に出会うまでに非常に時間がかかるということです。
また、企業は筆記試験や複数回の面接がある場合も多く、準備にも時間がかかります。希望の職種について研究をしたり、じっくり時間をかけることができるので、早めに動き始めて損はありません。

年齢が高めの人

薬剤師は、比較的年齢の壁のない仕事ですが、それでも、年齢を重ねるごとに求人数は減り、条件が悪くなるという傾向はあります。企業や急性期病院の薬剤師については、最初から選考対象から外されてしまうこともありえます。
また、特に未経験の職種に転職したい人は、少しでも若いうちに動き出しましょう。採用されやすさだけでなく、転職後、新しい業務を覚え、環境に馴染むのに苦労しないためです。少しでも早く動き始めて、より納得のできる転職を実現しましょう。

子育てとの両立が不安な人

薬剤師は女性が多く、ママ薬剤師へのサポート体制が整っているところが多いです。しかし、急性期病院など、拘束時間が多く体力的にもハードな職場だと、果たして子育てと両立できるのか、不安になる人もいるでしょう。また、薬局でも中小のところなどでは、育児休業制度や時短勤務など、整備されていないところもあります。

病院には託児所を備えているところもありますし、中小の薬局なら、制度がなくてもオーナー等に交渉し、対応してもらえる場合もあるでしょう。しかし、今の職場でずっと働きたいという強い希望がなければ、制度の整ったチェーン薬局や企業などに早めに転職しておくのも手です。

育児休業制度は、在籍期間が1年以上ないと利用できない場合もあるので、早めに転職しておくと安心です。大手チェーンの調剤薬局や企業のコールセンターのDI(Drag Information)職などは求人数も多く、ママ薬剤師の在籍率も高いです。さらに「家の近くで」とか、「時短期間の長いところで」など、条件の良いところを探すなら、なおさら早めに動き出しましょう。

充分な引継ぎ期間も忘れずに!

転職活動のスケジュールを立てる際、引継ぎ期間を考慮するのを忘れないようにしましょう。
最低でも1か月は必要で、3か月位取れればなおよいでしょう。その間に後任者が決まって入社してくれれば、直接引継ぎができます。また、引継ぎ書類は必ず作りましょう。後任者のためだけでなく、自分自身が引き継ぎしやすくなります。

また、管理薬剤師など責任ある立場の場合、さらに時間をかけて行う必要があります。薬局やドラッグストアであれば、医薬品の発注や在庫管理、様々な申請や書類の対応、シフトの管理など、管理薬剤師が行う業務は多岐にわたり、他の薬剤師には行えないものもあるからです。

労働基準法上は、2週間前までに申し出ればよいことにはなっていますが、実際のところ、後任者を新たに採用するには時間が足りません。1人減ってしまえば、当然、残った人に負担がかかってしまいます。

「どうせ辞めてしまうのだから…」と思いがちですが、薬剤師の世界は狭いので、今後も顔を合わせるかもしれません。薬剤師の世界で長く活躍できるよう、あまり良くない噂が立つのは避けたいところです。

特に、ボーナスをもらってから転職する場合、同僚からの目が厳しくなりがちです。また、繁忙期に重なってしまう場合も同様です。責任をもって引継ぎをすることで、マイナスの印象を払拭しましょう。

まとめ

薬剤師が転職したいと思ったら、いつから動き出すのがよいのか。もう一度ポイントを押さえておきましょう。

  • どうして転職したいのか、どんな職種を希望するか、今後どのように働いていきたいのか、を確認
  • 転職活動を始めるのに適した時期は様々(1~3月とは限らない)
  • 心身がきつく悩んでいる人はすぐに動き出す
  • 転職活動に平均1か月、引継ぎに最低1か月としてスケジュールを立てる
  • 退職の意思は早めに申し出ること
  • ボーナスをもらって辞めたい人は就業規則を確認して、タイミングを考える

「なかなか応募したい求人が見つからない」「あわただしく退職して同僚にひんしゅくを買ってしまった」といったことがないよう、スムーズで負担の少ない転職活動を目指しましょう。