転職サイトに偽名で登録するのは百害あって一利なし?

このページにウェブ検索でたどり着いた人は「転職サイトの登録を偽名でしてみようかな」と考えている人だと思います。
もしくはすでに転職サイトに偽名で登録してしまったかもしれません。

偽名で登録しようと考えている背景には、「今の会社にばれたくないから」「今すぐに転職する気はないから」などがあるかもしれません。

しかし、本名で登録したら現職に知られることは本当にあるのか? そもそも偽名にする意味があるのかについて、このページでは説明していきたいと思います。


広告


そもそも本名で登録しても現職にばれる危険はほぼない

転職サイトや転職エージェントへ登録しても、採用側は登録者の個人情報を知ることはできません。
個人情報はあくまで転職サイト側にとどめられ、応募しない時点では人材を探している企業に渡ることはありませんので、その点の心配は不要です。

ではスカウト機能を使う場合はどうなのか?

では、もし転職サイトのスカウト機能を使った場合はどうでしょうか。

スカウト機能を利用するには職務経歴をします。
そしてこれを企業側が閲覧して、転職サイトを通してアプローチが来る仕組みです。
この仕組みを考えると、もし自分が今勤めている企業もその転職サイトを利用していたら、自分が転職活動をしているのを知られるかもしれないと考えるのは自然なことです。

しかし、これについてもそれほど危惧する必要はありません。

ほぼすべてのスカウト側の機能は企業側に個人を特定できる氏名や連絡先などの情報は閲覧できない仕組みとなっているためです。

さらに、リクナビNEXTの「オファーメール」機能やdodaの「スカウトサービス」には、職務経歴すらも現職に閲覧をできなくするブロック機能が備わっています。
そのため、わざわざ偽名を使って利用する必要もありません。

偽名で登録することで発生するデメリット

以上のことから偽名で登録してもそれほどメリットがないことが分かります。
次にデメリットについて見ていきます。

いざ転職をしようとしたときに登録しなおす必要あり。ブックマーク機能や保存した検索条件なども設定し直し

転職サイトを継続的に利用しているうちに、自分の使いやすいようにカスタマイズしていくことになります。
カスタマイズとはたとえば以下のようなものです。

  • 検索条件を保存し、その条件に合う新着求人の通知を受け取れるようにする
  • 気に入った求人案件をキープする機能を使う
  • 自己分析ツールを使い、それを応募の際に添付する

以上はほんの一例です。
転職サイトによって活用できる機能は異なりますが、利用しているうちに利用者個人ごとの設定は増えていき、それにつれて転職活動も効率的になります。

もし、偽名で転職活動をした場合、氏名を変更できるサービスでは簡単に変更が聞きますが、変更できない場合、ユーザー登録からやり直す必要が出てきてしまうのです。

転職エージェントの場合、エージェント側にも迷惑がかかる

もし転職エージェントに偽名で登録した場合、エージェントもそれらの氏名をベースに連絡をしてくるため、さらに面倒なことになります。

連絡先も嘘のものを登録してしまっては第三者に迷惑電話が行きますし、エージェント側も困ります。

転職エージェントへ登録する際は、かならず本当の情報を登録フォームに記入しておいてください。

もしすでに偽名で転職サイトに登録してしまっていたら

もし、転職サイトにすでに偽名で登録してしまっていたら、サイト上から氏名を変更できるか、会員情報管理画面を確認してみてください。
そこから氏名の変更ができれば、今までの設定も維持したまま利用することが可能です。

もし変更が不可能な場合は、手間はかかりますがユーザー登録をしなおす必要があります。


転職サイトに偽名で登録するメリットはそれほどないということ、むしろデメリットが多く周りにも不便な思いを与えてしまうかもしれないことを説明しました。

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

広告