登録すべき転職サイト・転職エージェントを知りたい!タイプ別早見表

転職サイトや転職エージェントに登録しようと考えたとき、様々なサービスからどのようにして選べばいいか、その方法をまとめました。

1. どちらのタイプの転職活動をする?

転職活動をする上で、まずは自分がどのように転職を進めるか決めることになります。
まずは、直接応募型とエージェント型、どちらの転職サービスを利用するか決めましょう。もちろんどちらとも利用することも可能ですが、どちらが自分に向いているかを以下の比較表から見当をつけるのがいいと思います。

Aタイプ(直接応募の転職サイト向け) Bタイプ(転職エージェント向け)
相談・キャリアカウンセリングは… 必要ない してほしい
企業の求人は… 自分で探したい、または企業からオファーをもらいたい 自分でも探すが合いそうな企業を紹介してほしい
面接対策・提出書類は… 自分で書き方を調べて書く 添削してほしい
面接日時の調整を… 自分で行ないたい コンサルタントに調整してもらいたい
今の職場を退職するのに… 助けは不要 アドバイスが欲しい

直接応募の転職サイトは、自分だけで転職先候補を絞り込む必要があるため、ある程度自分自身の市場価値(どのような会社で自分が必要とされているのか)を知っておくことが大事です。これをおろそかにすると、内定まで回り道をしてしまうことになりかねません。
自分の市場価値を知るうえで有効な方法は、転職サイトの自己分析ツールを利用する方法やスカウトメール機能に登録してみる方法などがあります。代表的なものに、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」や「オファー機能」があります。

一方、転職エージェントを利用する場合、キャリアアドバイザーが転職者の特性に合わせて企業を絞って提案する流れになります。面接対策や書類添削、退職のサポートを受けたい人におすすめです。業種・職種にもよりますが、全体的に直接応募型よりも求人数が多く、専門性の高い仕事ほどその傾向が強くなります。また、転職エージェントは「会社に知名度があり応募が殺到するのを防ぎたい」「ライバル企業に求人の動向を探られたくない」などの理由から、会社名を公表していない「非公開求人」が豊富なのが特長です。


2. それぞれのタイプで最適な、おすすめ転職サービスを選ぼう

次に、AタイプとBタイプに分けて、登録すべき転職サービスを紹介していきます。

ちなみに、どちらか一方のみを選ばなければならないわけではないので、どちらのタイプでも問題なさそうな場合は両方とも活用してみるのも選択肢です。
なお転職エージェントを掛け持ちで利用することは問題ありません。より最適な担当者や求人案件と出あうためにも、自分に当てはまる転職エージェントを複数登録してみるのもおすすめです。

また、「直接応募型の転職サイト」「転職エージェント」を利用する以外にも、「スカウトサービス」を利用して転職をする方法もありますので、これについては後ほど紹介します。

「Aタイプ」なら以下から直接応募の転職サイトを選ぼう

「Bタイプ」なら以下から転職エージェントを選ぼう

たとえば「リクナビNEXT」なら

  • リクナビNEXTだけに掲載の限定求人が豊富
  • 条件マッチ度も分かる高機能な求人検索
  • スカウトサービスでは会社に加え提携エージェントからも個別オファーが届く

リクナビNEXT

たとえば「doda」なら

  • 非公開も含め業界最大級の求人数
  • キャリアアドバイザーに加え、各企業の人事に精通した採用プロジェクト担当も
  • 会社ブロック機能もあるスカウトサービス

doda

※すべて完全無料

※すべて完全無料(ビズリーチは一部有料)

転職の大まかな流れ
情報登録→企業選び→エントリー→面接→内定
転職の大まかな流れ
情報登録→面談(キャリアカウンセリング)→企業選び→面接→内定

もっと詳しく各転職サイト・各転職エージェントについて知りたい場合は、「転職サイトの比較」ページ、または「転職サイトのおすすめ」ページをご覧ください。


広告


スカウトやヘッドハンティングで転職する方法もある

経歴を登録しておくと企業や提携エージェントからスカウトやオファー、ヘッドハンティングが届くという仕組みの転職サイトも存在します。
「よりキャリアアップしたい」「年収を上げたい」「今まで培ってきた専門分野において、より活躍の場を広げたい・変えたい」といった人で、どのような企業が自分に興味を持っているのか知りたいという場合におすすめできます。
数ある提携エージェントが、企業に紹介できる人材がいないかと常にアンテナを張っている状態ですので、アクションのあったエージェントのいくつかに話を聞き、より待遇がよく、より自分の働きたい会社を選ぶというスタイルで転職活動を進めることができます。また、提携エージェントだけでなく企業から直接オファーが届くこともあります。

なお、「サイトに経歴を登録すると今働いている企業にバレるのでは…」と不安になる人もいますが、原則的に個人を特定できる氏名などの情報を企業側は閲覧できませんし、個別の企業に対して自分の経歴自体も閲覧NGにすることができる機能が備わっているため、それほど心配する必要はありません。

そういった基本的なバレ防止機能を備えているスカウトサービスを行なっている転職サイトは以下のとおりです。

スカウトサービスに登録するなら以下がおすすめ

  • 現職または前職の年収が500万円以上で、豊富な求人から選びたいなら、ビズリーチ
  • 個別オファーだけでなく、経歴などに合わせて自動的に送られてくるオファーも受け取ることで自分の市場価値を感じ取りたいなら、リクナビNEXT
  • 面接確約オファーを受け取りたいなら、doda

専門的な知識やスキル、経歴や資格などがあり、現在または前職の年収も500万円を超えている場合、求人数も多く専門性の高い提携エージェントとも数多くつながっている「ビズリーチ」がおすすめです。

さらにスカウトサービスを扱っている転職サイトを知りたい人はこちらのページも参考にしてください:転職サイトのスカウトサービス


「登録だけ」でなく「活用」することが大事

転職サイトに登録だけして満足してしまう人もいますが、転職活動を円滑に進めるためにはさらにもう一歩踏み出すことが大事です。

たとえばスカウトサービスを利用する場合、会員登録後に経歴登録(レジュメ登録)をする必要があり、そこでオファーを受けて初めて自分の市場価値が見えてくる人も多くいます。
また、転職エージェントを利用する場合、キャリアアドバイザーと面談や面接対策を行うことで、どういった会社が向いているのか、会社はどういう人材を求めているのかが体感できるようになります。

少しずつ「自分自身の価値」や「企業側の要求」に関する理解を深めていくことで、暗闇のような転職活動はだんだんと明るいものへと変わっていくのです。

転職サイトにはさまざまな特色あり

ひとまとめに転職サイト・転職エージェントといっても、その特徴はかなり違います。

それぞれ独自の自己分析ツールが備わっていたり、レジュメの作成ツールが付いていたり、ノウハウに関するコンテンツが豊富だったりと、隅から隅まで見比べるとキリがないほどです。
また、利用者そうに目を移しても、若手・ベテラン、ハイキャリアなど、得意分野が変わってきます。

おすすめの転職サイト」ページでは、そういった各転職サイト・転職エージェントの細かな特徴をまとめています。より、理解を深めたい方はそちらも参考にしてください。

さて、ここまで数ある転職サイト・エージェントについて、どこに登録すべきかを特長別・タイプ別にまとめていきました。
得意分野と自分の特性が異なるところを利用してしまうと、求人数が十分になかったり期待していたサービスと異なっていたりと、不便なことも多くなってきてしまいます。
転職のスタートラインともいえる転職サイト選びを、より自分にあったものにする上で、このページを活用してください。

転職サイトに偽名で登録しても良い?

基本的に、転職サイトに偽名で登録するメリットはそれほど高いとは言えません。
当然ながら応募する際は本名のアカウントが必要になりますし、スカウト機能のついている転職サイトにおいても、募集企業は個人を特定できる情報までは閲覧できない仕組みになっています。
さらに、それらのサービスには特定の企業に対して表示をさせないブロック機能がついています。

詳しくは、「転職サイトに偽名で登録してよい?」または「リクナビNEXTに登録は会社にばれる?」を参考にしてください。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
Yes No

エージェント系
主な利用者層 公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月) 比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

104,300
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡(2021/2)
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人8,900
公開求人は全体の4割程

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京、さいたま、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島(2021/2)
直接応募系 求人の
豊富さ
サービス・機能 (無料) 得意分野・特徴 比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT
20代~40代
限定求人豊富 スカウトメール

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウト スカウト求人の豊富さ サービス・機能 (無料) 特長 比較
詳細
企業から
スカウト
提携エージェント
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(エグゼクティブ)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能
転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link