転職サイト掲載求人の更新日・更新曜日一覧

転職サイト転職エージェントの更新日・更新曜日がいつかを一覧でまとめました。
(エージェントの場合、ウェブ上に掲載されている求人の更新曜日です。)

更新日・更新曜日備考
リクナビNEXT水・金幅広い職種・年代に利用されている最大手の転職サイト。大手企業が多めで求人検索のこだわり条件も豊富。スカウトサービスであるプライベートオファー機能が魅力の一つ。リクルートが運営。
Green随時IT業界では最大級の求人を掲載している転職サイト。「気になる」機能で企業への興味を気軽に伝えることで面接前のカジュアル面談ができる仕組みもあり。
JACリクルートメント随時管理職・専門職のほか、外資企業への転職にも強い転職エージェント。海外企業の風土・環境の中で働きたいという人向け。
女性のための転職サイト『とらばーゆ』月・木女性に人気のある求人を取り扱う転職サイト。人気の職種ごとに特集ページも充実。リクルートが運営。
はたらいく月・木中小企業や地方求人が多めの転職・求人サイト。さまざまな働き方に対応している。リクルートが運営。
doda月・木非公開求人が豊富な大手エージェント。現職にばれないように配慮されたスカウトサービスも長所の一つ。エージェントを介さずに直接応募できる求人も取り扱う。パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営。
リクルートエージェント随時こちらも非公開求人を多く保有している大手転職エージェント。多く専門性の高いコンサルタントが揃っていることも魅力。
マイナビエージェント(※マイナビのプロモーションを含みます。)随時規模は大手ほどではないがサービスもそつなくまとまっており信頼が厚い。
パソナキャリア随時ハイクラスの転職支援を行うエージェント。専門職や理系女子にもおすすめ。
キャリア転職サイトtype火・金手間をかけずに適職に出会えるための独自サービスも提供。10分程度でできる転職力診断テストも提供。
マイナビ転職火・金数は大手転職サイトほどではないが独自に募集している求人が約8割。
日経キャリア日経が運営する転職エージェントサービス。転職セミナーに関する情報も。
エン転職月・木取材担当者の「こんな人が向いています」が各求人に記載されている。

新着求人を、複数の転職サイトにわたって確認するメリット

以上において代表的な転職サイトの更新日・更新曜日をまとめましたが、新着求人をいくつかの転職サイトでチェックするメリットについても確認しておきましょう。

求人の幅・選択肢が広がる

複数の転職サイトを利用することで、より多くの企業や業界の求人にアクセスでき、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

独自の情報が得られる

各転職サイトには独自の情報やコンテンツがあります。それらを比較することで、自分に適した求人や企業の情報を総合的に把握できます。
特に、エージェントではない直接応募型の転職サイトは、他の求人サイトには掲載していない独自求人がかなりの割合を占めているため、いくつかの転職サイトにおいて更新日に新着求人を確認することは重要となります。

マッチング精度の向上

いくつかの転職サイトで、自分の要求に合った条件を保存・ブックマークしておくことで、マッチング精度が向上し、自分に適した求人が見つかりやすくなります。リクナビNEXTは求人数だけでなく「こだわり条件」も非常に豊富なため、もしまだ利用していない場合は活用してみることもおすすめです。

それぞれの転職サイトの強みを活用

各転職サイトには独自の特徴や強みがあります。例えば、業界特化型のサイトや地域特化型のサイトなど、自分の求める求人情報を効率的に集めることができます。そういったものを利用することでより自分に合った求人が見つけられるようになるかもしれません。さまざまな特化型転職サイトなどは、転職サイトの比較ページで詳しくまとめています。

企業の求人動向を把握

各転職サイトで求人情報をチェックすることで、業界全体の求人動向や企業の採用状況を把握でき、転職活動のタイミングを見極める助けになります。

キャリアアップの視点

複数のサイトで求人情報を比較することで、自分のスキルや経験を活かせる職種や企業を見つけやすくなり、キャリアアップの視点で転職活動を行うことができます。


以上のメリットを活用して、効率的かつ効果的な転職活動を展開することができます。多様な求人情報を比較検討し、自分に最適な転職先を見つけましょう。

自分にぴったりな求人を見つけたときに気を付けること

自分にぴったりな求人が見つけられたと思っても、やみくもに応募することは危険です。その企業の求人がブラック企業ではないか、またブラック企業でなかったとしても自分とミスマッチな条件がないかなどは冷静に調べておきたいものです。

以下のポイントに注意して情報収集や調査を行うことが重要です。

労働条件を確認する

募集要項に記載された労働条件(給与、労働時間、休日、福利厚生など)を確認し、不適切な条件がないかチェックしてください。

企業の口コミや評判を調べる

インターネット上の口コミや評価サイト(転職会議など)を活用し、現在・過去の従業員の声や評判を調べましょう。ただし、一部の情報は信憑性に欠ける場合があるため、複数の情報源を照らし合わせて判断することが重要です。

労働基準法違反の履歴を確認

労働基準関係法令違反に係る公表事案企業検索サイト」などで、企業が過去に労働基準関連の法令違反の処分を受けていないかを調べてください。

信頼できる転職エージェントを活用

転職エージェントに相談することで、企業の内部情報や評判を正確に把握することができます。信頼できるエージェントを利用しましょう。なお、転職エージェントは担当者によっても親身さが異なってきます。複数利用してみて、もっとも自分のキャリアについて真剣に考えてくれている人を選ぶという進め方もおすすめです。

企業のSNSアカウントなどをチェック

企業の公式SNSアカウントや従業員のSNSをチェックすることで、企業文化や働く環境に関する情報を得ることができます。また、求人票だけでは把握しにくい会社の雰囲気や価値観も垣間見ることができるかもしれません。

企業の成長や安定性を確認

企業の業績や市場での立ち位置を調べ、安定した経営状況であるかを確認しましょう。経営不安定な企業は労働環境が悪化しやすいため注意が必要です。

人事担当者の対応をチェック

人事担当者とのやりとりの内容から、企業の対応や姿勢を見極めることができます。不適切な対応や矛盾がある場合は注意が必要です。

転職サイトの特集記事やランキングを参考にする

転職サイトの特集記事や企業ランキングは、企業の評判や働きやすさを知る参考になります。ただし、情報の偏りや広告の影響を考慮して、複数の情報源を比較検討しましょう。


これらのポイントを踏まえて、ブラック企業の求人を見分け、自分に適した働きやすい企業を見つけることができます。転職活動の際には、情報収集とリサーチを丁寧に行い、良い環境で働ける企業を選ぶことが大切です。

転職を検討している方へ

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
YesNo

エージェント系
主な利用者層公開求人数 (全国)
(各サイト求人検索より)
(募集終了含む)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

399,900
+非公開求人35万件(※RA1)

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京札幌仙台宇都宮さいたま千葉立川横浜金沢新潟長野静岡名古屋京都大阪神戸岡山広島高松福岡

厚労大臣許可番号: 13-ユ-010258
※RA1 リクルートエージェントTOPページより。数値は募集終了を含む、採用予定数

JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

多め

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京仙台さいたま横浜静岡浜松名古屋京都大阪神戸広島福岡

厚労大臣許可番号: 13-ユ-010227

直接応募系公開
求人数
(全国)
サービス・機能 (無料)得意分野・特徴比較
詳細
こだ
わり
条件
検索
自己
分析
診断
ツール
検討
リスト
検索
条件
保存
リクナビNEXT 132,000
(※RN1)
20代~40代
スカウトメール

※RN1 参照:リクナビNEXTトップページに記載のある数

もし、いい求人があったら見逃さずに転職したいという人は、リクナビNEXTで【検索条件保存→メール通知ON】がオススメ

スカウトスカウト求人の豊富さサービス・機能 (無料)特長比較
詳細
企業から
スカウト
ヘッドハンター等
からスカウト
個別送信
オファーも
バレ防止
ビズリーチ(ハイクラス層)
ハイキャリア20代~40代
面接確約オファーもあり 企業ブロック機能 ヘッドハンターの評価が分かる ヘッドハンター気になるリスト機能 1/3以上が年収1000万以上の求人(※BRs1)

※BRs1 参照元:ビズリーチのトップページ

(2024/06時点)

転職サイトの比較をもっと見る
Sponsored link