転職エージェントおすすめ一覧、年代別に徹底比較も【2022年版】

おすすめ転職エージェントの比較転職エージェントを選ぶときに、「いろいろ聞いたことはあるけど結局どこへ登録すればいいのか迷ってしまう」という人は多くいます。
どのエージェントも「親身な転職サポート」や「豊富な非公開求人」をアピールしているため、どのあたりに違いがあるのか見えてこない人も多いかもしれません。
ここではおすすめの転職エージェントをタイプ別に紹介し、各サービスの特徴も詳しく解説していきます。

幅広い年齢層・業種/職種・キャリアをカバーしていて、多くの人にとっておすすめの大手転職エージェント

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

107,900
+非公開求人(※RA1)

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京札幌仙台宇都宮さいたま千葉立川横浜静岡名古屋京都大阪神戸岡山広島福岡

※RA1 リクルートエージェントサイト内の求人情報から募集終了求人を引いた数

パソナキャリア (前職年収500万以上がメイン) 転職者全般

39,600
公開求人は全体の3割程(※PC1)

年収UP率 67.1%(※PC2)

20代 30代~40代 ハイキャリア20代~40代
素早い対応 管理職 (課長~) 専門職も豊富 経理・財務・法務・人事 理系女子歓迎 拠点:東京大阪名古屋静岡広島福岡

※PC1・※PC2 参照元:パソナキャリアサイト内のサービス

マイナビエージェント やや若手向け

多め
(※MA1)

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京、横浜、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

※MA1 マイナビエージェントに最新数値

Spring転職エージェント 転職者全般

39,200
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア30代後半~40代
対応エリア:1都3県、関西、東海
doda 転職者全般

148,800
+非公開求人4.0万件(※DA1)

20代前半 20代後半~40代 ハイキャリア20代~40代
スカウトメール 直接応募も 企画・管理職も豊富 中心となる採用エリア:関東関西東海 拠点:東京、札幌、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡

※DA1 doda求人検索において「応募方法:エージェントサービスの求人のみ」を指定した際の求人数

男女問わず、幅広い年齢層におすすめなのが大手転職エージェントです。各分野に特化したキャリアアドバイザーも多く在籍しており、専門的な相談もしやすいです。dodaの場合は登録することでエージェント以外にもスカウトサービスや公開求人への直接応募もすることができます。
転職エージェントは複数利用する人が多いですが、その場合はこれらの大手エージェントを1~2社登録しつつ、次の項目で特性別に紹介するサービスから、自分に合致する転職エージェントをいくつか選ぶことをおすすめします。

ハイクラス層におすすめの転職エージェント比較

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人15,000
公開求人は全体の4割程(※JR1)

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京さいたま横浜名古屋静岡大阪京都神戸広島福岡

※JR1 参照元:JAC Recruitment公式サイト内JACの強み

パソナキャリア (ハイクラス視点) 転職者全般 マネジメント職 専門職

39,600
年収1千万超:6,600
公開求人は全体の3割程(※PCh1)

年収UP率 67.1%(※PCh2)

20代~30代前半 30代後半~40代 ハイキャリア20代~40代
素早い対応 管理部門に強い 金融専門職も豊富 理系女子歓迎 拠点:東京大阪名古屋静岡広島福岡

※PCh1・※PCh2 参照元:パソナキャリアサイト内のサービス

ロバート・ウォルターズ 外国語を活かすハイキャリア層

グローバル企業2,000
+非公開求人

ハイキャリア20代~40代
外資企業求人 日系グローバル企業求人 英語を活かせる求人に特化 拠点:東京大阪
エンワールド・ジャパン TOEICスコア 700点以上 バイリンガル

グローバル企業1,100
+非公開求人

ハイキャリア20~27歳 ハイキャリア28~50歳 トータル・タレント・エンゲージメント 多国籍企業
拠点:東京、名古屋、大阪
アクシスコンサルティング コンサル ITエンジニア

非公表

ハイキャリア20代~30代 平均支援期間3年(※AC1) 経営企画・事業企画 BIG4求人 コンサルファーム求人 IT求人
拠点:東京、大阪

※AC1 参照元:アクシスコンサルティング(トップページ)

アカリク転職エージェント 院卒社会人

1,000
+非公開求人

院卒20代後半~30代 エンジニア求人 専門職求人
拠点:東京(2021/12)

JACリクルートメントは管理職や、30代・40代で年収が500万円を超える人などにおすすめです。また、海外にも拠点があるため、外資系企業や日本法人のある企業での海外勤務まど、グローバルな働き方を考えている人にも向いています。

女性の転職サポートに実績がある転職エージェント比較

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
パソナキャリア (前職年収500万以上がメイン) 転職者全般

39,600
公開求人は全体の3割程(※PC1)

年収UP率 67.1%(※PC2)

20代 30代~40代 ハイキャリア20代~40代
素早い対応 管理職 (課長~) 専門職も豊富 経理・財務・法務・人事 理系女子歓迎 拠点:東京大阪名古屋静岡広島福岡

※PC1・※PC2 参照元:パソナキャリアサイト内のサービス

女性の転職(マイナビエージェント) 女性

産休・育休実績あり多め
※MAj1

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京、横浜、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

※MAj1 マイナビエージェント(女性)内に最新数値

パソナキャリアは男女ともに利用者の多い転職エージェントですが、創業時から女性の転職支援実績があります。

SEなどのIT/Web/ゲーム業界のエンジニアを中心に転職支援を行なっている転職エージェント比較

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
レバテックキャリア IT・Web系
エンジニア

IT・Web系エンジニア 7,100
+非公開求人

年収UP率 60%(※LC1)

20代前半 20代後半~40代前半 40代後半
PL・PM求人も豊富 リモートワーク求人も豊富 拠点:東京、大阪、名古屋、福岡

※LC1 2020年9月実績。レバテックキャリアトップページより

ワークポート IT業種・IT職種

ITエンジニア・ゲーム17,200
+非公開求人

20代~40代
コンシェル変更窓口あり 拠点:東京札幌仙台高崎さいたま横浜千葉名古屋大阪京都神戸岡山(中国・四国)広島高松北九州(小倉)福岡熊本、ソウル
ギークリー 首都圏のIT・Web・ゲーム系エンジニア

IT・Web・ゲーム系
約13,700

+非公開求人1.8万件超
(2022年4月時点)

年収UP率 76%(※GL1)

限定求人豊富 拠点:東京

※GL1 参照元:ギークリーのトップページ

TechClipsエージェント ITエンジニア・首都圏

IT系1,000社
非公開求人
(2022年6月時点)

年収UP率 95%(※TC1)

20代~40代 年収500万以上の求人に特化 自社開発企業求人豊富
拠点:東京

※TC1 2021年実績(TechClipsエージェントサイトより)

通常の転職エージェントにおいてもIT系の求人は多く存在しますが、以上のような特化型のエージェントサービスも存在します。キャリアアドバイザーもIT業界を熟知していますので、細かな要望も伝えやすいメリットがあります。
なお、ITエンジニア向けの転職エージェントは数も多いため、以下のページにて詳しく解説しています。

ITエンジニアやSE向けの転職エージェント・転職サイトの比較詳細

20代や第二新卒の転職を得意としている転職エージェント比較

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
マイナビジョブ20's 20代向け 既卒24歳未満も

20代向け3,300
+非公開求人

20代
定着率9割超(※MNJ1) 拠点:東京、横浜、大阪、神戸、名古屋

※MNJ1 参照元:マイナビジョブ20'sトップページ

type転職エージェント やや若手向け・首都圏

5,700
+非公開求人2.2万件

年収UP率 [営業]52% [ITエンジニア]70% [企画・管理]57%(2018/10-2019-9実績)(※TA1)

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京

※TA1 type転職エージェント内ブログ『転職したら年収は上がる?』より

キャリアスタート 第二新卒向け 既卒向け フリーター向け

20代向け~100
+非公開求人

20代 面接バックアップ 営業・販売・接客 学歴・社員歴不問
拠点:東京

20代向けの転職エージェントも数多くあります。
近年は多くの企業が若手人材を求めています。その背景には、すでにビジネスマナーを心得ていて基本的なビジネス研修が不要なこと、特定の企業の仕事のやり方に固執しておらず柔軟な考え方ができること、新しい仕事を吸収しやすいことなどが期待されているためです。

こちらも別途詳しいページを用意しています。

第二新卒向けの転職エージェント・転職サイトの比較詳細

20代向けの転職エージェント・転職サイトの比較詳細

30代の転職を得意にしている転職エージェント比較

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
ランスタッド 転職者全般

6,800
+非公開求人

20代~30代 40代
Iターン・Uターン 注力エリア:東京大阪愛知宮城栃木埼玉千葉神奈川静岡三重、岐阜、京都、奈良、兵庫、滋賀
マイナビエージェント やや若手向け

多め
(※MA1)

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京、横浜、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

※MA1 マイナビエージェントに最新数値

パソナキャリア (前職年収500万以上がメイン) 転職者全般

39,600
公開求人は全体の3割程(※PC1)

年収UP率 67.1%(※PC2)

20代 30代~40代 ハイキャリア20代~40代
素早い対応 管理職 (課長~) 専門職も豊富 経理・財務・法務・人事 理系女子歓迎 拠点:東京大阪名古屋静岡広島福岡

※PC1・※PC2 参照元:パソナキャリアサイト内のサービス

30代の転職においては、伸びしろよりもスキルが重視される傾向があります。異業種転職であっても、過去の経験が活かせる職種であることが求められます。

40代~50代(管理職や専門職など)向けの転職エージェント

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人15,000
公開求人は全体の4割程(※JR1)

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京さいたま横浜名古屋静岡大阪京都神戸広島福岡

※JR1 参照元:JAC Recruitment公式サイト内JACの強み

40代の転職においては即戦力が求められています。今まで培ってきた経験を活かせる、より働きやすい職場を探すことになります。

小売・外食業界の転職エージェント

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
itk(アイティーケー) 外食・飲食

非公開求人1万件以上

18歳~50代 労働環境重視 福利厚生充実求人
主なサポート範囲:首都圏が多め(2022/3)

薬剤師の転職エージェント

エージェント系求人の豊富さサービス・機能 (無料)得意分野・特徴比較
詳細
面談面接対策日程調整年収交渉
薬キャリ正社員・契約社員・パート・派遣 【調剤薬局】 31,100
【ドラッグストア】 4,500
【企業】 310
【病院・クリニック】 3,800
電話・メール面談 毎日更新 スピーディな転職 登録者数が多い
ファルマスタッフ正社員・パート・派遣・紹介予定派遣 【調剤薬局】 31,400
【ドラッグストア】 5,700
【企業】 390
【病院・クリニック】 2,800
出張面談可 全国都市部に拠点 面接同行フォロー可 高い満足度(※PS1)

※PS1 ファルマスタッフ公式サイトより

(2021/12時点)


転職エージェント利用のコツと注意点、上手な付き合い方

ここで、転職エージェントをうまく活用するためのコツや注意点、関わり方について説明していきます。

そもそも転職エージェントはどのようなサービスを受けられるか

転職エージェントは各社多くのCMや広告を出しているので、ぼんやりとどういったサービスなのかイメージを持っている人も多いかと思います。また、一度でも転職エージェントを利用したことがある人は具体的にどのようなサポートが受けられるのか知っているかもしれません。
ここでは復習も兼ねて、今一度どのようなサービスなのかを簡単に確認していきます。

転職エージェントでは以下のようなサポートを受けることができます。

  • キャリアカウンセリング
  • 企業の紹介(数社程度)
  • 面接対策
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削
  • 面接日程の調整
  • 退職アドバイス

また、転職の流れは以下のようになります。

転職エージェント利用の流れ

料金はいっさいかかりません。これは、企業側が転職エージェントに転職決定者の年収の3割程度を報酬として支払っているためです。
そのため、年収を上げられそうなスキルや経歴を持っている人は、エージェント側も待遇の良い企業に転職させようと努力してくれます。

その点は転職者側にとってもメリットですが、注意点もいくつかあります。
注意点は次の項目で説明していきます。

必ず抑えておきたい利用のコツ・注意点

提案された求人案件の良し悪しは自分でも調べる

転職エージェントはキャリアアップに関してはとても真剣に取り組んでいます。一方で、紹介してくれた企業が本当に自分に合っているのか、本当に働きやすい企業で離職率も低いかどうかは自分で確かめる必要があります。

そのために、「【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト」などの会社の口コミサイトを利用することをおすすめします。
これは、会社で働いている人がその職場の働きやすさや給料、福利厚生や有休の使いやすさなどを投稿しているサイトです。

サイトによりけりなところもありますが、基本的には自分の勤めていた会社の口コミを投稿することで、より多くの口コミを閲覧することができるような仕組みになっているところが多いです。

すべてに恵まれた条件の会社を探すというのは相当ハードルが高いので、「どうしても譲れない条件」(「昇給は期待できるか」「社風は自分に合いそうか」など)を自分なりにピックアップし、その視点で口コミから会社の内情を探るのが良さそうです。

また、求人票の記載内容と評判を照らし合わせて、「本当に育休が取れるのか」「年間休日数は本当か」「残業代はきちんと支払われているか」などを確認することも重要です。
「働いてみたら面接や求人票で見聞きしていた内容と実態が異なっている!」という入社後のギャップを抑えるために、転職先候補としている企業の名前をこれらの口コミサイトで検索してみてください。

キャリアアドバイザーが自分の将来を見据えた提案をしてくれているかを見極めるようにする

どの転職エージェントのキャリアアドバイザーには当たり外れがあります。こればっかりは運の要素が強いため、自分自身ではどうしようもありません。

しかし、キャリアアドバイザーの提案を受け入れるかどうかは転職者側が選択できます。
もしキャリアアドバイザーが自分と合わないと思ったときは、他の転職エージェントを利用するなり担当者の交代を申し出るなり方法はあるのです。

では、キャリアアドバイザーが転職者目線で優秀かどうかは、どのように判断したらいいでしょうか。
たとえば、以下のような判断基準があります。

  • 要望に応じた転職先を提案してくれているか
  • 要望に沿っていない転職先を紹介された場合、それが自分のこれからのキャリアに役立つか、自分のどんな特性に合っているのかについて、合理的な説明をしてくれているか
  • 転職先の良い面ばかり話していないか

大事なのは、自分のこれからの人生を含めて相談に乗ってくれているかどうかです。

今までの経歴や今のスキルからどのような企業が紹介できるか、さらには、今後どのようなキャリアを積み重ねることで将来も仕事に困らない人生を送れるかを一緒に考えてくれる人は、それなりに信頼度も高くなります。

自分のキャリアプランは自分自身でもしっかり考えておく

将来にもつながっていくキャリアプランをしっかり練ることは非常に重要なことなので、転職先を絞り込むうえで自分自身でもよく考えてみる必要があります。

たとえば、資金が豊富にある業界を選ぶかどうかで、同じ労力でももらえる賃金は大きく変わってきます。
自分の強みや特性をベースに、働く場所を「将来性のある業界」や「資金が豊富にある業種」に少しずらしていくことで、より市場価値の高い人材になれる期待も高まります。

以前は企業に就職すれば一生安泰と考えられていた時代もありました。
しかし、かつて優良な大企業と言われていたところも世界的な市場競争が活発になるなかで、大幅なリストラや給料削減、あるいは倒産の危機など、さまざまなニュースが飛び交っているのが現在の状況です。

そのなかで一人の人材として生き抜くためには、

  • 資金力の豊富な業界・業種に近づき、そこでのスキルや経験を高めておく
  • 会社に依存しすぎずに、自分自身の市場価値を高めておく
  • よりよい人脈が生まれる状況に身を置く

ことが重要になります。

自分にとって働きやすい職場であれば給料はそれほど多くはいらないという人もいるかと思います。
その場合であっても、この仕事は将来AI(人工知能)に奪われないかなど、時代の流れも頭に入れつつ、少しでも自身の価値が高められるような職場はどこか考える機会を持ってみるのもいいかもしれません。それによって未来は少しでも良い方向に変わる可能性があります。

働きながらの転職活動の場合、退職スケジュールの大枠を頭に入れておく

転職を進めるうえで、おおよその退職の流れも確認しておくのがおすすめです。
細かなことを挙げると混乱もするので、まずは大枠だけ頭に入れておくようにします。この大枠を知っておくことで、細かなタスクも大きな流れの一部として理解できるようになります。

退職の流れ大枠は以下の図のとおりとなります。

退職の流れ

おおよそ上のスケジュールを頭に入れておくと、より転職もスムーズになります。
退職を進めるにあたって引き止めにあうなど悩むことがあれば、転職エージェントの担当者に相談してみてください。
そういった相談に慣れているので、現実的な方法の提示が期待できます。


おすすめ転職エージェントの比較詳細データ


リクルートエージェントの特徴(幅広い職種で求人豊富。専門職も経理も)

リクルートエージェント公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 専門分野に詳しいキャリアアドバイザーと面談を行い、転職先候補を探したい人
  • 年収アップを目指している人

リクルートエージェント

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
リクルートエージェント 転職者全般

107,900
+非公開求人(※RA1)

20代~30代 40代 ハイキャリア20代~40代 コンサル職も豊富
拠点:東京札幌仙台宇都宮さいたま千葉立川横浜静岡名古屋京都大阪神戸岡山広島福岡

※RA1 リクルートエージェントサイト内の求人情報から募集終了求人を引いた数

詳細・評判

求人件数最大級
求人の内容・質 大手企業が12%・中堅企業が23%と、規模の大きな企業に強い。業界は電器・電子・機械や化学のメーカー商社をはじめ、建設・不動産・IT通信など多岐にわたる(2019年度実績)。職種も営業職やエンジニア、専門職や事務・経理など幅広い(参照元:採用成功ナビ「リクルートエージェントの特長」)
マッチング どの専門分野にもキャリアアドバイザーが多く求人も多いため、幅広い職種・業種・環境に対応できる体制。平日夜や休日も相談可能
実績
評判に関する実績
求人の更新頻度高い 随時更新
キャッチコピー 〝エージェントと転職。リクルートエージェント。〟
その他の機能
  • Personal Desktopという独自の専用ページで、応募や進捗の管理を行なうことができる。また、同ページ内には職務経歴書作成ツール「レジュメnavi」もあり
転職までの流れ
  • 【エージェントサービス】情報登録→面談→面接→採用
利用者年齢層幅広い 【25歳まで】約28%【26~30歳】約23%
【31~35歳】約15%【36~40歳】約11%
【41~50歳】約16%【51歳以上】約7%
(参照元:採用成功ナビ:リクルートエージェント、2019/4/1~2020/3/31新規サービス登録者)
幅広い層に利用されていることからも分かるとおり、どの年齢でも利用しやすい転職エージェント
利用者の職種多い順に、「販売・サービス・流通」「営業」「オフィスワーク事務職」「エンジニア(電気・機械・科学)」「法務・財務・人事・総務」「生産管理・品質管理」「経営・企画・マーケティング」「SE」「医療・医薬・化粧品」「エンジニア(建設)」など(参照元:採用成功ナビ「リクルートエージェントの特長」)
その他の強い特徴
  • 面談後には、企業から提供された情報のほか、独自収集した企業情報「AGENT Report」を提供してもらえる
  • IT・メディカル・営業・企画など、それぞれの分野を得意とするキャリアアドバイザーがいる
料金無料
運営会社株式会社リクルート
拠点東京本社(東京駅・京橋駅)、北海道支社(札幌駅)、東北支社(仙台駅・あおば通駅)、宇都宮支社(宇都宮駅)、さいたま支社(大宮駅)、千葉支社(千葉駅)、西東京支社(立川駅)、横浜支社(横浜駅)、静岡支社(静岡駅)、名古屋支社(名古屋駅)、京都支社(烏丸駅・四条駅)、大阪支社(大阪駅・梅田駅・東梅田駅)、神戸支社(三宮駅)、中四国支社岡山オフィス(岡山駅)、中四国支社広島オフィス(八丁堀電停)、福岡支社(天神駅・赤坂駅・西鉄福岡駅)(2022年6月時点)
会員登録にかかる時間5分弱程度

リクルートエージェント


パソナキャリア

パソナキャリア公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 現在の年収が500万円以上の30代・40代
  • 経理や財務、法務や人事などの管理部門の即戦力人材
  • ミドルマネジメント(課長クラス)から部長、準役員(上級管理職)クラスに転職をしたい人
  • IT・DXなどのエンジニアやメーカー技術者
  • 管理職、営業職、専門職の女性も

パソナキャリア

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
パソナキャリア (前職年収500万以上がメイン) 転職者全般

39,600
公開求人は全体の3割程(※PC1)

年収UP率 67.1%(※PC2)

20代 30代~40代 ハイキャリア20代~40代
素早い対応 管理職 (課長~) 専門職も豊富 経理・財務・法務・人事 理系女子歓迎 拠点:東京大阪名古屋静岡広島福岡

※PC1・※PC2 参照元:パソナキャリアサイト内のサービス

詳細・評判

求人件数多い
求人の内容・質 ジャンルは幅広く、ハイクラスや次世代リーダー、理系女子やエンジニアなどの専門職の求人が多い。
マッチング 広い業種・職種をカバーしている。スキルや経験・経歴のマッチングだけでなく、社風や考え方との相性も重視したマッチングを重視
実績
  • 年収アップ率は67.1%(参照元:パソナキャリア
  • 取引実績企業は28,000社以上。創業してから40年を数え、46万人の転職ノウハウを蓄積(参照元:パソナキャリアの強み
  • 創業時から女性の就労支援に力を入れてきたことで有名。女性の転職実績もかなり豊富(女性の利用者は全体の35.9%)(参照元:サービス
評判に関する実績
  • オリコン顧客満足度「転職エージェント」総合1位(4年連続:2019年~2022年)
その他の機能
  • 今もらっている年収が高いか低いかを確認することができる「年収診断・年収査定シミュレーション」がサイト上で利用できる
転職までの流れ
利用者年齢層幅広い 最も転職支援実績が多い年齢帯は35歳~44歳(集計期間:2021年6月~2022年5月)
利用者の職種多い順に、「ITエンジニア」「ものづくりエンジニア」「営業」「管理部門」「医療専門職」「金融専門職」「秘書・事務」など
(参照元:サービス
利用者の業種多い順に、「ソフトウェア・通信」「医療関連」「流通・外食・サービス」「電気・電子・半導体」「インターネット全般」「機械・輸送機器・プラント設備」「金融全般・監査法人」「建設・不動産・住宅」「商社全般」など
(参照元:同上)
その他の強い特徴
  • 来社した人向けに「転職必勝ガイド」という冊子をプレゼントしている
料金無料
運営会社株式会社パソナ
拠点東京千代田区、大阪、名古屋、静岡、広島、福岡(メインの面談場所は東京大阪名古屋。来社が難しい場合は電話でのキャリアカウンセリングにも対応)(2022年6月現在)
会員登録にかかる時間3分程度

パソナキャリア

パソナキャリアは経営層やエグゼクティブ層を目指したり専門性を高めるハイキャリアや次世代のリーダーの方、理系女子(リケジョ)、管理部門などにおいての実績が豊富です。サポート体制も整っており、ポジションや経験・環境に合わせ、一人一人に合わせたキャリア支援を得意としています。


マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェント公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 転職活動のスケジュールの管理が自分だけでは難しいと考えている人
  • 自分自身のキャリアを今一度見つめ直したい人
  • 転職活動を効率的に進めたい人

マイナビエージェント

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
マイナビエージェント やや若手向け

多め
(※MA1)

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京、横浜、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

※MA1 マイナビエージェントに最新数値

詳細・評判

求人件数多め
求人の内容・質 およそ半数が非公開求人マイナビエージェント参照。非公開求人件数と求人総数より算出、2022年6月掲載時点)
営業職、IT 業界、管理部門といった領域を中心に、首都圏・関西圏の20代・30代歓迎の求人が豊富
マッチング 「採用側は応募書類のどの点に注目するか」などを指摘し添削を行ってくれる。また、キャリアアドバイザーが人事担当役となって模擬面接を実施し、質問の答え方や話し方についてもアドバイスを行なう
実績
求人の更新頻度高い 毎日更新
キャッチコピー 〝じっくり聴く転職エージェント あなたに合った転職先をご提案します〟
転職までの流れ
利用者年齢層若い 【25歳未満】27.5%【25~29歳】35.8%
【30~34歳】16.9%【35~39歳】8.6%
【40~49歳】7.2%【50歳以上】約4.1%
(参照元:採用企業の皆さまへ、2019年1月~12月の登録者データ)
利用者の職種多い順に、「営業」「経営企画・管理部門・事務系」「販売・サービス関連」「技術系職種(機械・電気・科学)」「ITソリューション営業・ITエンジニア」「不動産専門職・建築・土木」など(参照元:同上)
利用者の業種多い順に、「サービス」「メーカー」「IT・通信」「流通・小売・専門店」「不動産・建築・プラント」「金融」「人材・研修・教育関連」「商社」「広告・メディア・マスコミ」「運輸・物流」(参照元:同上)
その他の強い特徴
  • キャリアアドバイザーは業界別の専任制で各業界出身者も多いため、知識が豊富でパイプの太さも期待できる。特に社風や社内環境などを把握しやすい
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
拠点東京(京橋)オフィス(京橋駅・宝町駅・東京駅)、新宿オフィス(新宿駅)、神奈川支社(横浜駅)、北海道支社(札幌駅・さっぽろ駅)、宮城支社(仙台駅)、名古屋支社(名古屋駅)、京都支社(四条駅・烏丸駅)、大阪支社(大阪駅・梅田駅)、兵庫支社(三ノ宮駅・三宮駅)、福岡支社(博多駅)(2022年6月時点)
会員登録にかかる時間5分弱程度

マイナビエージェント


type転職エージェントの特徴

type転職エージェント公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 首都圏において、求人案件の内容だけでなく将来のキャリアプランも含めたサポートをしてもらいたい人
  • 業界動向についても知識を持つキャリアアドバイザーと面談したいという人
  • 30歳までの若手営業職、40歳までのITエンジニアで転職を考えている人

type転職エージェント

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
type転職エージェント やや若手向け・首都圏

5,700
+非公開求人2.2万件

年収UP率 [営業]52% [ITエンジニア]70% [企画・管理]57%(2018/10-2019-9実績)(※TA1)

20代~30代前半 30代後半~40代
拠点:東京

※TA1 type転職エージェント内ブログ『転職したら年収は上がる?』より

詳細・評判

求人件数普通
求人の内容・質 IT/Web業界のエンジニア・クリエイター、メーカー系エンジニアや、営業系(個人営業・法人営業)などの求人が豊富。また、戦略コンサルタントや業務コンサルタント、ITコンサルタントなどのサポートも得意としている
マッチング 在籍しているキャリアアドバイザーの多くが転職経験者でもあり、採用側と転職者側どちらの気持ちも理解していることが期待できる
実績
  • 1998年にサービスを開始してから、累計31万人以上の転職支援実績あり(参照元:type転職エージェントページ内「特徴」箇所)
求人の更新頻度高め随時
キャッチコピー 〝転職、プロを味方に。〟
転職までの流れ
  • 【エージェントサービス】情報登録→面談→面接→採用
利用者年齢層若い 【20代前半】19% 【20代後半】48%
【30代前半】20% 【30代後半】7%
【40歳以上】5%
(参照元:採用ご担当者さまへ、2017/4/1~2020/3/31の面談者データ)
利用者の職種多い順に、「営業系」「ITエンジニア」など。「専門職」「ハードエンジニア」も豊富(参照元:同上)
利用者の業種多い順に、「IT/Web」「サービス」「メーカー」「金融」「商社/流通」「メディア」「不動産」など(参照元:同上)
料金無料
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
拠点東京本社(赤坂見附駅・永田町駅・赤坂駅)(2022年6月現在)
会員登録にかかる時間3分程度

type転職エージェント


Spring転職エージェントの特徴

Spring転職エージェント公式サイトより

概要

  • Spring転職エージェントは、アデコ株式会社が展開している人材紹介サービス
  • 職種別・担当制のコンサルタントが業界ごとにチームを形成しているため、転職者それぞれの価値を正確に把握できること特長としている
  • 同じコンサルタントが企業と転職者両方を担当する仕組みになっており、より繊細なマッチングが期待できる
  • 他では掲載されていないグローバル企業の求人や海外勤務・出張のある企業の営業職の求人がある
  • 拠点は、東京・大阪・名古屋にあり、首都圏(一都三県)、関西圏、東海圏のサポートに強い(2022年6月現在)
エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
Spring転職エージェント 転職者全般

39,200
+非公開求人

20代~30代 40代 ハイキャリア30代後半~40代
対応エリア:1都3県、関西、東海

Spring転職エージェント


dodaの特徴

doda公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 企業に提出するための履歴書や職務経歴書の添削を丁寧に行ってもらいたい人
  • 20代後半から30代前半でキャリアアップを目指している人
  • キャリアアドバイザーのほか、各企業の採用担当の考えをよく知る採用プロジェクト担当からもサポートを受けたい人
  • 企業への直接応募やスカウトサービスなど、エージェント以外のサービスも利用したい人

doda

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
doda 転職者全般

148,800
+非公開求人4.0万件(※DA1)

20代前半 20代後半~40代 ハイキャリア20代~40代
スカウトメール 直接応募も 企画・管理職も豊富 中心となる採用エリア:関東関西東海 拠点:東京、札幌、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡

※DA1 doda求人検索において「応募方法:エージェントサービスの求人のみ」を指定した際の求人数

詳細・評判

求人件数最大級
求人の内容・質 大半が非公開求人。大手の求人も豊富で業種・職種も幅広い
マッチングエージェントサービス」においては、専任のキャリアアドバイザーが一対一で採用までサポートしていく。また各企業の人事と精通している採用プロジェクト担当がおり、面接日程の調整や応募書類・面接アドバイスなどを電話やメールで適宜行なう。その他、分野別コンサルタントも所属している
実績
  • 業界最大級の利用者数
求人の更新頻度高め 週2回更新(月曜・木曜)
キャッチコピー 〝変えるなら、きっと今だ。〟
その他の機能
  • スカウトサービス】経歴を登録しておくことで企業からアプローチされるスカウト機能(今勤めている会社やお世話になっている会社などに自分の情報がバレてしまうのを防止する「スカウトブロック設定」機能あり)
  • 公開求人に対してエージェントを通さない直接応募も可能
  • 診断ツールが豊富。適正年収や今後30年の年収推移などを予測できる「年収査定」、120の設問から自分のパーソナリティや仕事スタイル・合う企業風土などを分析することができる「キャリアタイプ診断」、行動パターンから適職を診断する「エゴグラム適職診断」などがある。
転職までの流れ
  • 【エージェントサービス】情報登録→面談→面接→採用
  • 【スカウトサービス:面接確約オファー】情報登録→オファー→応募→面接→採用
  • 【スカウトサービス:オファー】情報登録→オファー→応募→書類選考→面接→採用
  • 【転職サイトサービス(直接応募)】エントリー→面接→採用
利用者年齢層幅広い 人材紹介
【20代前半】約14.7%【20代後半】約38.4%
【30代前半】約22.2%【30代後半】約12.6%
【40歳以上】約12.2%
(参照元:中途採用をお考えの方へ(doda人材紹介サービス)、2020年7月~2020年12月末にキャリアカウンセリングサービスを利用した人のデータ)
利用者の職種多い順に、「営業職」「販売・サービス職」「企画・管理」「事務・アシスタント」「技術職(機械・電気)」「技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア)」「技術職(建設・建築・不動産・プラント・工場)」「クリエイター・クリエイティブ職」など(参照元:同上)
利用者の業種多い順に、「サービス」「メーカー」「小売・外食」「IT・通信・インターネット」「メディア」「金融」「メディカル」「商社・流通」など(参照元:同上)
その他の強い特徴
  • 個別相談会、転職フェア、合同転職面談会、各種セミナーなどの転職イベントも頻繁に行われている。特に転職フェアは参画企業数、来場者数とも日本最大級
料金無料
運営会社パーソルキャリア株式会社(旧:インテリジェンス)
拠点丸の内本社(東京駅・大手町駅・二重橋前駅)、北海道第二オフィス(大通駅・札幌駅)、東北第二オフィス(仙台駅)、横浜第二オフィス(横浜駅)、静岡オフィス(静岡駅)、中部オフィス(名古屋駅)、関西オフィス(大阪駅)、京都オフィス(烏丸駅)、神戸オフィス(神戸三宮駅・三宮駅)、岡山オフィス(岡山駅)、広島オフィス(紙屋町東駅・県庁前駅)、九州オフィス(天神駅・西鉄福岡駅)(2022年6月時点)
会員登録にかかる時間5分弱程度

doda

転職エージェント「doda」は大手ということもあり、非常に多くの非公開求人を保有しています。
エージェント系のメリットとしては、自分だけでは気づけていないアピールポイントや長所を、その分野に特化したアドバイザーが気付いてくれるということが挙げられます。
また、サイト自体も職種や業種ごとに用意されており、それぞれ求人検索システムもそれらに最適化されているため、非常に使いやすいです。
「合同転職面談会」「転職セミナー」「キャリアセミナー」や「転職フェア」など、イベントも豊富に開催されています。また、年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断などさまざまな診断・ツールも用意されています。

サイトはこちら:doda


JACリクルートメントの特徴(管理職や専門職ほか、外資系企業・海外出張のある会社も豊富)

JACリクルートメント公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 35歳以上で管理職、エンジニアや各業界の専門職・スペシャリスト
  • 外資企業で働きたい人、企業の海外勤務・海外出張などに興味のある人、外国語の能力を活かした仕事に就きたいという人(もちろん日系企業で働きたい人もカバー)

JACリクルートメント

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
JACリクルートメント 役員・幹部 マネジメント職 専門職

特化求人15,000
公開求人は全体の4割程(※JR1)

20代~40代 ハイキャリア30代~50代
管理職 専門職 外資企業求人 海外勤務 拠点:東京さいたま横浜名古屋静岡大阪京都神戸広島福岡

※JR1 参照元:JAC Recruitment公式サイト内JACの強み

詳細・評判

求人件数多め
求人の内容・質 エグゼクティブ層、管理職、スペシャリストなど高年収のポジションに特化。日系企業ほか、外資企業・海外進出企業の求人案件が豊富
マッチング 総勢約1,200名のコンサルタントが転職サポートを行なう(参照元:JAC Recruitment
専門分野別にチーム制をとり、業界職種のスペシャリストとなるキャリアコンサルタントを育成
実績
  • 約25,000社もの企業との取引実績あり(参照元:JACの強み
  • 年間における登録人材は約6.7万人(参照元:サービス概要
  • 転職活動の支援実績は1988年から数え約43万人(参照元:JAC Recruitmentページ内)
評判に関する実績
キャッチコピー 〝30~50代で後悔しない転職を〟
転職までの流れ
  • 【エージェントサービス】情報登録→面談→面接→採用
年代別 転職成功割合高い 【20代前半】0% 【20代後半】8%
【30代前半】17% 【30代後半】20%
【40代前半】20% 【40代後半】17%
【50代前半】10% 【50代後半】6%
【60代前半】2%
※40代以上において、転職後の平均年収は913万円
(参照元:公式サイト内「40代の転職」ページより)
利用者の職種多い順に、「技術系」「営業」「管理部門・バックオフィス」「コンピューター関連」「ヘルスケア」「マーケティング/商品開発」「経営企画・事業企画」「購買・物流・生産管理」など(参照元:同上)
その他の強い特徴
  • 独自のグローバルネットワーク(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・中国・香港特別行政区・韓国・インド・ベトナム・イギリス・ドイツ)
  • 外資系企業や海外勤務のある企業への転職サポートにも強く、英文レジュメの無料添削や英語面接対策、中国語話力のレベルチェックなどのサポートがある
料金無料
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京本社(神保町駅・竹橋駅・新御茶ノ水駅・御茶ノ水駅)、北関東支店(大宮駅)、横浜支店(横浜駅)、名古屋支店(名古屋駅)、静岡支店(静岡駅)、大阪支店(梅田駅・西梅田駅・大阪駅・北新地駅)、京都支店(四条駅・烏丸駅)、神戸支店(三宮・花時計前駅・三宮駅)、中国支店(広島駅)、福岡支店(博多駅)(2022年6月現在)
会員登録にかかる時間5分弱程度

JACリクルートメント


アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング公式サイトより

概要

  • アクシスコンサルティングは外資系やIT業界などのハイクラス向けを得意としている転職エージェント
  • 2014年~2020年において、大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位になるなど、コンサル系では存在感が強い(参照元:アクシスコンサルティングページより)
  • 転職サポート実績としては大手外資ファームや外資系IT企業、国内IT系大企業、BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)やアクセンチュア、アビームなど。コンサル業界に強いパイプを持つ
  • 創業から17年で約5,000人の現役コンサルタントを支援しており、「コンサルとしてより活躍したい」人だけでなく「コンサルになりたい」または「コンサルから他の職種へ転職したい」人まであらゆるキャリアパスを熟知している(参照元:アクシスの強み
  • 企業ごとの面接・選考対策が用意されている
  • コンサル業界におけるデジタル推進案件増加の傾向に伴い、ITバックグラウンドを担う人の採用が増えており、年収の大幅アップを目指す人にもおすすめ
エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
アクシスコンサルティング コンサル ITエンジニア

非公表

ハイキャリア20代~30代 平均支援期間3年(※AC1) 経営企画・事業企画 BIG4求人 コンサルファーム求人 IT求人
拠点:東京、大阪

※AC1 参照元:アクシスコンサルティング(トップページ)

アクシスコンサルティング


キャリアスタートの特徴(第二新卒や20代フリーター向け)

キャリアスタート公式サイトより

概要

  • キャリアスタートは20代フリーターや第二新卒の若手を中心にサポートしている
  • リクルート社のエージェントランキングでも上位表彰経験あり。個人部門でも表彰されたコンサルタントが在籍しているため、親身な相談も期待できる
  • 営業・販売・接客系の求人が多め。アルバイト生活を抜け出したい人、高校卒業後に就職するも辞めてしまったフリーターの人におすすめ
  • サイト上には利用者の声が豊富に掲載されており、転職のイメージが具現化しやすい
エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
キャリアスタート 第二新卒向け 既卒向け フリーター向け

20代向け~100
+非公開求人

20代 面接バックアップ 営業・販売・接客 学歴・社員歴不問
拠点:東京

キャリアスタート


ランスタッドの特徴

ランスタッド公式サイトより

概要

  • ランスタッドは1960年にオランダで生まれた総合人材サービスで、現在39の国と地域に約4,400以上の拠点を持つ(参照元:ランスタッドについて
  • 日本国内の拠点も多く、地方での転職にも向いている。IターンやUターン歓迎の求人も多い
  • 総合人材サービスとして多岐にわたる業種や職種をカバーしている
  • 主に年収600万円未満の20代、30代の転職サポートを得意としている
エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
ランスタッド 転職者全般

6,800
+非公開求人

20代~30代 40代
Iターン・Uターン 注力エリア:東京大阪愛知宮城栃木埼玉千葉神奈川静岡三重、岐阜、京都、奈良、兵庫、滋賀

ランスタッド


ハタラクティブ(20代の既卒・フリーター・ニート・高卒も正社員を目指せる・未経験OK)

公式サイトより

こんな人におすすめ

  • 大学や専門学校を卒業した人(既卒)や中退したのち、現在フリーターやニートをしている人
  • 学歴フィルターをかけない企業を探している人、高卒の人、スキルや経歴に自信のない人
  • 20代で未経験の職種や業種に転職したい人
  • 大企業や、研修体制がしっかりしている企業で働きたい人

ハタラクティブ

概要

エージェント系
主な利用者層公開求人数
(各サイト求人検索より)
(募集終了除く)
得意分野・利用者特性・拠点 (更新年月)比較
詳細
ハタラクティブ 第二新卒 大学中退 高卒 既卒・フリーター

1,200
非公開求人も含めると3,000件超

20代 未経験可豊富 大企業への内定8割超(※HT1) 幅広い業界・職種カバー
主なカウンセリング場所:渋谷、池袋、秋葉原、大阪、横浜、大宮、名古屋、福岡、千葉またはオンライン

※参照元: ハタラクティブのトップページ

詳細・評判

求人件数少なめ
求人の内容・質 内定企業は社員数が1000名以上の大企業が86.5%(2020年8月~2021年1月の利用者内定実績)。法人営業や一般事務、店舗運営スタッフや施工管理、ルート配送などさまざまな業種・職種の求人を保有(参照元:ハタラクティブHP、求人の特徴求人一覧(2022/6時点))
マッチング 性格や特技・特性のもとに、向いていると思われる仕事を厳選して紹介。大半が未経験分野に就職。最短でカウンセリングから2週間で内定が獲得できる(参照元:ハタラクティブとは
実績
  • 【就職が決定している職種】販売:20%、施工管理:14%、一般事務・アシスタント・貿易事務:11%、接客:11%、インフラエンジニア:9%、その他:7%(参照元:就職実績データ、2021年12月時点)
  • 【就職決定している業種】流通・小売業:28%、製造業・メーカー:26%、サービス業:15%、建築・不動産業:11%、情報・通信業:11%、コールセンター:8%など(参照元:同上、2021年12月時点)
求人の更新頻度普通 随時
キャッチコピー 〝20代の就職・転職をサポート!未経験OKの安定企業へ!〟
転職までの流れ
  • 【エージェントサービス】情報登録→面談→面接→採用
利用者年齢層若い 【10代】2.6%【20~24歳】56.8%
【25~29歳】37.0%【30歳以上】3.6%
(参照元:ハタラクティブHP、2020年8月~2021年1月実績)
その他の強い特徴
  • 学歴に自信のない人でも問題なし。最終学歴が高卒の人は利用者全体の37.9%を占めている(参照元:同上、2020年8月~2021年1月実績)
  • マンツーマン体制のサポートで、未経験歓迎の採用に意欲的な企業の求人を紹介
  • ミスマッチを防ぐため、求人票に書かれている内容だけではなく社風の情報も説明
料金無料
運営会社レバレジーズ株式会社
拠点カウンセリング場所:渋谷支店、池袋支店、秋葉原支店、大阪梅田支店、横浜支店、さいたま支店、名古屋支店、福岡支店、千葉支店(またはオンライン)(2022年6月時点)
会員登録にかかる時間数分程度

ハタラクティブは20代をメインに、就職・転職サポートを無料で提供しているサービスで、運営会社のレバレジーズ株式会社も2005年からキャリアサポートをしており、人材領域に蓄積されたノウハウを持っています。
未経験OKの若手を積極採用している企業の求人をメインに取り扱っているため、就職経験のない既卒・フリーターの人でも十分な就職サポートが期待できおすすめです。

ハタラクティブ


広告


転職エージェントの地方ごとのおすすめ

転職エージェントは地方になればなるほど、地域に特化した転職エージェントも目立ってきます。
ここでは、都道府県ごとにその地方で代表的な転職エージェントを紹介していきます。なお、全国的に有名な転職エージェントが記されている部分は、その都道府県内に拠点があることを示しています。

地方転職エージェントおすすめ
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄

【関連ページ】地方に強い転職エージェント

転職エージェントの利用にあたって

そもそも公開求人と非公開求人の違いとは

公開求人と非公開求人を比較表にまとめると、以下のとおりとなります。

公開求人非公開求人
どういうもの?サイト上に企業名を含め掲載されている求人サイト上に掲載されていない求人、または公開されていても企業名が伏せられている求人
どういった求人が多い?一般的な求人人気企業の求人、人気な職種の求人、新規事業や新サービスに関わる秘匿性の高い求人など
どんなサイトにある?転職エージェント、転職サイト(リクナビNEXTなど)に存在おもに転職エージェント(dodaリクルートエージェントなど)に存在
転職の流れは?サイトを通して直接応募が多い(エージェントを介する場合もあり)エージェントを介して応募

おおよそ、このような違いがあります。
非公開求人に応募する場合は、転職エージェントをおもに利用することになります。
時々、転職サイトでもスカウト機能などで「非公開求人」という文字を目にするかと思いますが、その場合であっても応募するのに提携のエージェントを利用する流れになる場合が多いです。

なぜ非公開で募集している?

ここまで、公開求人と非公開求人の違いを説明してきましたが、そもそもなぜ非公開で募集している求人があるのでしょうか。
これについては、いくつか理由がありますが、主に以下のいずれかに当てはまります。

  • 人気企業のため、公開求人で募集すると応募が殺到するため。また、スキル不足の人材も多く応募してくるため選別が大変なため
  • 人気の職種のため、公開求人で募集すると応募が殺到するため。また、スキル不足の人材も多く応募してくるため選別が大変なため
  • 競合企業に動向を知らせたくないため。ライバル企業に差をつける必要があるため

このような理由からも分かるとおり、非公開求人には公開求人からは見つけられない魅力的な求人があるのです。

なぜ転職エージェントの評判は人によってバラバラなのか

同じ転職エージェントでも、真逆の評判が書かれていることがあります。

「対応が雑だった」「対応が丁寧で連絡がまめだった」
「全く興味のない求人案件ばかり紹介された」「要望や悩みをくみ取って提案してくれた」
「上から目線が鼻についた」「同じ目線で話を聞いてくれた」

このような違いが、同じ転職エージェントで書かれる場合があります。
その理由は以下のようなものが挙げられます。

同じ転職エージェントでも評判が分かれる理由

  • キャリアアドバイザーの当たりはずれ
  • キャリアアドバイザーとの相性
  • その時、そのエージェントにある求人案件の有無

キャリアカウンセラー・キャリアアドバイザーも人間です。
そのため、どうしても能力の優劣や自分との相性が出てきます。
転職エージェントは社内教育する環境や競わせる社風などがあり、全体としてレベルが高いものとなりますが、すべての担当者が優れているわけではありません。

また、自分とエージェント自体との相性も大切です。
たとえば、ベテラン層をメインに取り扱う転職エージェントには第二新卒の求人はあまりありませんし、逆に若手の求人中心のエージェントにもベテラン層の求人が豊富にあるかというと、そうとは限りません。
(そのため、自分に合う転職エージェントを選ぶことは、転職活動のスタートラインとしてとても重要になります。)

1つめの「キャリアアドバイザーの当たりはずれ」については簡単に見極めるポイントがありますので、次の項目で簡単に解説します。

優れたキャリアアドバイザーの見分け方

優れたキャリアアドバイザー・キャリアカウンセラーをチェックするポイントは以下のようなものです。
もちろん話しやすいかどうかも重要ですが、以下の条件を満たしているかについても見ておきたいところです。

  • 求人票に書かれている内容だけでなく、社風や社内の雰囲気、残業や働き方についてしっかりと把握している
  • 悩みや要望を正確にくみ取り、それを満たせる求人を提案してくれる
  • こちらの要望を満たす求人がない場合、どのような条件を満たせば新たな可能性が見えてくるかを提示してくれる
  • 今後のキャリアプランも含めて転職先の提案をしてくれている
  • 提出書類に関して、企業の採用担当者がどの部分に関心を持っているか、しっかりと理解し伝えてくれる
  • 過去の同じ企業や業態の面接について質問内容を把握しており、それをベースとした模擬面接を行ってくれる

広告


「紹介できるぴったりの求人がない」は担当者の良心だと前向きに捉えよう

また、転職エージェントを利用したときの不満として「紹介できる求人がない」「あなたは転職すべきではない」と言われたというものがあります。
これについては、むしろ「無理やりに転職をさせようとしているのではないんだな」と前向きにとらえてもいいかもしれません。
もちろん、それは単純に今ぴったりの求人がないというエージェント側や採用側の都合もあるかもしれませんし、自分自身の能力や経歴不足に起因することかもしれません。
しかし、いずれにしても合わない企業を押し売りされるよりもはるかにいいのです。
エージェントは企業との信頼も大事にしていますので、あまりにミスマッチな人材を紹介してすぐに辞められたり、現場が混乱させたりはしたくないものです。

「今は紹介できる求人がないですね」
企業に対しても転職者に対しても親身になっているからこそ発せられる言葉でもあるのです。

もし今利用している転職エージェントの担当者が合わないと感じたら

もし利用している転職エージェントで担当者が自分と合わないと感じた場合は、「切り替え」も大事です。
相手に悪い気持ちもあるかもしれませんが、自分の将来を預けている相手でもあるのですから、遠慮は不要です。
エージェントに担当者変更窓口がある場合はそこに申し出るのもいいですし、別のエージェントを利用することも問題ありません。
複数の転職エージェントを利用することで、より自分のことを客観的に見つめるきっかけにもなりますし、自分を取り巻く転職市場をより俯瞰して眺めることもできるようになります。

その他細かなFAQ

転職エージェント以外でも転職活動をしたい

転職サポートが不要、自分の裁量やペースで進めたいという人などは、転職エージェント使わない転職活動もおすすめです。その場合いくつか注意点もありますので、「転職エージェントを使わない場合の注意点」も一度目を通してみてください。

転職エージェントの評判を知りたい

各転職エージェントの評判を知りたい場合は、Twitterでのつぶやき検索やGoogleマップの口コミを参考にするのが良さそうです。なお転職エージェントの評価は、担当者の相性や転職者の経歴などで大きく変わってくるので、その点はご注意ください。

転職エージェントは相談だけに使ってもいいのか

転職エージェントは転職をサポート・マッチングすることで企業から報酬をもらうビジネスモデルです。そのため、「相談だけはダメなの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、複数掛け持ちで転職エージェントを使う人もいるように、必ずしも転職エージェントを使ったからといってそこから転職をしなければいけないというわけでもないのです。

そのため、相談だけするということも決して悪いことではありません。

非公開求人は怪しいものではない?

非公開求人は一般公開されていない求人のため、何やら怪しさを感じる人もいるようです。そんな人は「非公開求人は怪しくないか。メリットとデメリット」を参考にしてください。また、非公開求人と公開求人の違いについてはこちらで解説しています。

平日は働いているので土日でも利用可能か

多くの転職エージェントは、在職中の人も利用できるよう休日や終業後の時間に面談することも可能です。
詳しくは「転職エージェントは土日・休日も使える?」で紹介しています。

このページで扱う転職エージェントの掲載基準・評価基準

転職サービスの掲載基準

このページで掲載している転職・就職などの人材サービス(エージェント等)は、その運営会社が職業紹介事業の許可・届出事業者であることを確認したうえで掲載しております。なお、職業紹介事業者については、厚生労働省職業安定局が運営する「人材サービス総合サイト」の「職業紹介事業(許可・届出事業者検索)」コンテンツでどなたでも検索が可能です。

転職エージェントの比較表内の評価基準

「主な利用者層」の記述については、各転職エージェント公式サイトが掲げているキャッチコピーやフレーズに加え、募集企業向け資料・ページなどに記載されている利用者年齢層・利用者職種などを基に、決定しています。
「公開求人数」の数値については、それぞれの転職エージェントの求人検索機能で何も条件を加えずに検索して表示された件数になります。一部のサイトは「募集終了」を含む件数が表示されてしまい、条件で除外もできないため、補足として「一部募集終了含む」などと記載を入れています。
また、非公開求人についても件数がページ上に記載されている場合はその件数も補足的に表示しています。具体的な件数が不明な場合、サイト上に掲載している大まかな数値や割合など、規模感の参考になるものを表示しています。求人件数の数値は定期的に更新をしており、最終更新年月は比較行右下(「拠点」の後ろに表示されます)。
なお、同枠内には、各サービスが公開している「年収UP率」も表示しています。また、その数値に補足(実績年度や算出対象)がある場合は、直下に括弧で記載しています。

比較表右側「得意分野・利用者特性・拠点」などの評価基準

比較表右側「得意分野・利用者特性・拠点」「得意分野・特徴」について、主に年齢層を含め採用企業向け資料・ページなどをもとに作成しています。人によっては大きく重視するであろう特長を中心に掲載しています。


このページの転職エージェント比較表へ戻る

転職サイトの比較ページはこちら

Q今すぐ転職活動をしようと考えていますか?

はい、そろそろ本格的に転職活動を考えていますいいえ、今すぐではなく、いずれ転職したいと考えてます
YesNo

Contents